日本旅館協会東北支部の6月宿泊実績、人員はほぼ前年並み

  • 2017年8月10日

 日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、会員旅館を対象に実施している今年6月の宿泊実態調査の結果をまとめた=表。宿泊人員はほぼ前年同月並み、売り上げは前年同月に対し微増だった。

 回答施設数は東北6県に所在する96軒。

 宿泊人員は0・4%減。福島県が9・4%増、秋田県が3・9%増、岩手県が増減なしだった。他の3県は前年同月の実績に届かなかった。

 売り上げは1・6%増。福島県が11・6%増、秋田県が6・9%増、岩手県が2・2%増だったが、他の3県はマイナスだった。

 1~6月累計の宿泊人員は、前年同期に対して福島県が6%増、青森県が3%増、秋田県が2%増、山形県が1%増、岩手県が1%減、宮城県が7%減となった。

関連する記事

帝国ホテル 総料理長 田中 健一郎氏が、文化庁長官表彰を受賞した。 帝国ホテル総料理長田中健一郎(67歳)は、本日、平成29年度文化庁長官表彰に選出されました。なお、…

続きを読む

「JRホテルメンバーズ」に「JR西日本ホテルズ」が加盟する。 ○JR東日本ホテルズおよびJR東海グループホテル、JR九州グループホテルの会員組織「JRホテルメンバーズ」で…

続きを読む

エイチ・アイ・エスは、「変なホテル東京 西葛西」を開業する。 H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区代表取締役社長:澤田秀雄以下H.H.H.)…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?