日本の国際会議開催数、過去最高の3121件

  • 2017年11月14日

 日本政府観光局(JNTO)が集計した2016年の日本国内の国際会議開催件数は、前年比9・6%増(274件増)の3121件となり、過去最高を記録した。国際会議の総参加者数は前年から増え、外国人参加者数は初めて20万人を超えた。

 集計対象は、民間企業以外が主催する国際会議で、参加者数が50人以上、参加国が日本を含めて3カ国以上。全国のコンベンション推進機関などの情報を基にまとめた。

 開催件数が多い上位10都市は、(1)東京都574件(2)福岡市383件(3)京都市278件(4)神戸市260件(5)名古屋市203件(6)横浜市189件(7)大阪市180件(8)仙台市、札幌市(同数)115件(10)北九州市105件。

 開催件数の増加が目立つのは、神戸市の147件増、京都市の60件増、大阪市の41件増。3都市はいずれも、観光庁が選定する「グローバルMICE都市」で、国際会議などMICEの誘致、開催の国際競争力強化に関して支援を受けている。

 仙台市は、15年に国連防災世界会議の関連会議が多数開催されていたため、開催件数は106件減で順位も15年の3位から8位に下降した。

 国際会議の総参加者数は、前年比5・3%増の186万1千人。このうち外国人参加者は同22・3%増の21万4千人。外国人参加者が最も多かった国際会議は、16年6月に福岡市で開催された「第99回ライオンズクラブ国際大会」で約1万2千人が参加した。

 日本国内での国際会議の開催件数は、東日本大震災が起きた11年には落ち込んだが、12年以降は年々増加し、16年には3千件を超えた。

 JNTOでは「官民の積極的な連携によりMICEに対する取り組みは着実に成果を上げている。今後、グローバル・ブランド・キャンペーンの展開をはじめ、各都市とも緊密に連携し、国内各地での国際会議の一層の誘致促進、強化に取り組んでいく」としている。

関連する記事

中部国際空港セントレアは、中国系SNS「WeChat(微信)」の公式アカウントを開設した。 中部国際空港株式会社(本社:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、増加…

続きを読む

横浜商科大学が事務局を務める文科省委託事業「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」は、受講料無料のeラーニング講座を始める。 受講可能期間は…

続きを読む

シェアプロは、日本食に特化したインバウンド向けサイト「Foodies Go Local.com(フーディーズ ゴー ローカル)」を開設した。 2020年には4,000万…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?