旅館業法改正へ、無許可の罰則強化 

  • 2017年3月18日

 政府は7日、旅館業法の改正法案を閣議決定し、国会に提出した。違法な民泊サービスの拡大を踏まえ、無許可営業者に対する監督権限や罰則を強化する。また、旅館営業とホテル営業の許可の種別を「旅館・ホテル営業」に統合する。

 無許可営業者に対し、都道府県知事などによる報告徴収、立ち入り検査などの規定を明確化。無許可営業者に対する罰金の上限額は3万円から100万円に引き上げ。他の違反の罰金の上限額も2万円から50万円に引き上げる。

 このほか、実態に合わなくなってきた旅館、ホテルの構造設備に関する規定を見直し、許可の種別を「旅館・ホテル営業」に統合。法改正に併せて、政令などで定める最低客室数(ホテル10室以上、旅館5室以上)の撤廃、他の構造設備などの規制の緩和が検討されるとみられる。

関連する記事

石井啓一国土交通相は10日、宿泊業の生産性向上を推進する施策の参考にしようと、千葉県浦安市の「変なホテル舞浜東京ベイ」を視察した=写真。ロボットを活用したチェックインを…

続きを読む

観光庁の宿泊旅行統計調査の2016年の確定値がこのほど公表された。年間(1~12月)の宿泊施設の客室稼働率は、前年比0・6ポイント減の59・7%となった。施設のタイプ別で…

続きを読む

国土交通省の7日付人事で、武藤浩事務次官が退任し、新しい事務次官に毛利信二国土交通審議官が就任した。 国土交通審議官には、吉田光市大臣官房長と奈良平博史国際統括官が昇格…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?