改正旅行業法政省令公布、ランオペの登録開始

  • 2017年11月13日

 来年1月4日に施行される改正旅行業法の新たな規定を盛り込んだ省令が10月31日に公布された。改正に伴い登録が義務付けられる旅行サービス手配業(ランドオペレーター)では、省令公布を受け、改正法の施行日に先立って、都道府県ごとに登録申請の受け付けが順次始まっている。

 旅行サービス手配業者は、報酬を得て、旅行業者(外国旅行業者を含む)の依頼を受けて、旅行者に対する運送等サービスまたは運送等関連サービスの提供について、これらのサービスを提供する者との間で、代理契約・媒介・取次を行う者。

 規制の対象は、貸し切りバス、旅館・ホテルなどの運送・宿泊のサービスや、通訳案内士、免税店の手配行為。訪日旅行、国内旅行に関わる手配が対象となり、海外旅行の手配行為は規制の対象外となる。

 省令では、旅行サービス手配業の登録に関する各種申請書の様式などが定められた。営業所の所在地の都道府県知事の登録を受ける必要がある。

 旅行サービス手配業の禁止行為としては、貸し切りバスの下限割れ運賃での手配、違法な営業を行う土産物店への連れ回し行為などが省令に規定された。

 また、改正旅行業法では、旅行サービス手配業の登録制創設のほか、着地型旅行の促進に向けて規制が緩和される。

 旅行業務取扱管理者では、「総合」「国内」に加え、地域限定旅行業者を対象とした「地域限定旅行業務取扱管理者」の試験、資格が創設される。試験科目は業務実態に合わせて、総合、国内の内容の一部が省略され、取得しやすくなる。

 旅行業務取扱管理者は営業所ごとに1人以上の選任が必要だが、地域限定旅行業に限って、管理者の複数営業所の兼務が認められる。兼務できるのは、営業所間の距離が40キロ以下、兼務する営業所の年間取引額の合計が1億円以下の場合と規定された。

関連する記事

観光庁が設置した有識者会議「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」(座長・山内弘隆一橋大学大学院商学研究科教授)は9日、観光施策の新たな財源の創出に向け、日…

続きを読む

観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年8月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比0・2%減の5472万人泊で、6カ月ぶりに前年同月の実績に対…

続きを読む

厚生労働省はこのほど、「旅館業法上の指導等の状況について」と題する調査結果を発表した。それによると、旅館業法に基づく営業許可を得ていない疑いがあるとして、16年度に自治体…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?