台湾人インバウンドのトレンドを指南

  • 2017年2月16日

弓削理事長

 ダイヤモンド・ビッグ社、ぴあ、KADOKAWAなど、訪日外客向けフリーペーパーを発行する6社で構成している日本インバウンド・メディア・コンソーシアム(JIMC、弓削貴久理事長)はこのほど、第6回インバウンドセミナー「台湾人1000人に聞いた訪日旅行の本音大公開!ここから台湾人誘客の答えが見えてくる」を東京都内で開いた。

 JIMC理事長で、ダイヤモンド・ビッグ社メディア・マーケティング事業本部副本部長の弓削氏は「台湾人旅行者のトレンド」と題して講演。昨年11月に台湾で開かれた旅行見本市、ITF2016(台北国際旅行博)のJIMCブースで来場者1465人に実施した記入式アンケートの結果を発表した。

 「何度旅行しても、日本で困ることは何ですか」という質問に対する回答を件数順に1位から10位まで紹介。結果は(1)言葉の問題(メニューが読めない)(2)交通手段(電車が複雑で路線図が読めない。バスが不便。乗り換えの際に迷う)(3)ネット環境(Wi‐Fiが使いにくい)(4)税関を通るのに時間がかかる(5)ホテル選び(予約が取りにくい。主要駅近くのホテルは高い)(6)エレベーター、エスカレーターが少ない(7)ベジタリアン料理が少ない(8)交通費が高い(9)物価が高い(10)行きたいところが多すぎる(日本の商品は良いので買い過ぎてしまう)。

 「日本旅行に行く際によく利用する旅行会社」については、(1)雄獅旅行(300票・26%)(2)東南旅行社(191票・16%)(3)燦星游遊網旅行社(182票・16%)(4)ezTravel(112票・10%)(5)大興旅行社(89票・8%)(6)五福旅行社(85票・7%)(7)大榮国際旅行社(50票・4%)(8)山富国際旅行社(49票・4%)(9)創造旅行社(44票・4%)(10)鳳凰旅行社(29票・2%)(11)JPTIP(16票・1%)(12)位廣徳旅行社(11票・1%)(13)信安旅行社(7票・1%)。

 また、ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)プロモーション部の片山雅大ディレクターが「台北ITF2016からヒントをつかむ」、やまとごころの村山慶輔社長が「2017年インバンド予測」と題してそれぞれ講演した。

弓削理事長

関連する記事

ホテルズドットコムは18日、中国人旅行者の最新トレンドを発表した。「中国人が最も歓迎を受けたと感じた国ランキング」は、1位がタイ、2位が日本だった。発表内容の詳細は以下の…

続きを読む

富士急は15日、無料公衆無線LAN「FUJIYAMA Wi-Fi」の提供を始めた。 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎、以下「富士急行」)とエヌ…

続きを読む

JTBは「東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町」で、小学生を対象にした「英語でお仕事体験プログラム」を始める。 JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?