単価横ばい、客数減少~夏休みの旅館ホテル実績

  • 2017年11月15日

 コンサルタントのリョケンはこのほど、全国の旅館・ホテル対象の「短期観測アンケート」の9月実施分を公表した。今年の夏休みの実績は、単価が総じて横ばい、客数が減少傾向だった。この秋の見込みは、単価、客数とも横ばい傾向となっている。

 夏休み(7月下旬~8月末)の基本宿泊単価は上昇傾向が38・9%で、前年比7・6ポイント増加。ただ、総宿泊単価では上昇傾向が33・7%で、同1・7ポイント減少した。

 横ばい傾向は基本宿泊単価が50・5%(前年比5・1ポイント減)、総宿泊単価が50・0%(同3・5ポイント増)と、回答の半数を占めている。

 自館の客数傾向は、増加傾向が25・8%で、同2・5ポイント減。横ばい傾向が34・0%で、同5・7ポイント増。減少傾向が40・2%で、同3・2ポイント減。横ばいの回答が前年から増えたものの、依然4割が減少と回答している。

 地域の客数傾向は、増加傾向が19・5%、減少傾向が41・4%と、自館よりさらに厳しくなっている。

 「夏の実績に関しては、東日本を中心に長雨による天候不順の影響を少なからず受けたとのコメントが多く見受けられた」(リョケン)。

 秋(9~11月)の基本宿泊単価は、上昇傾向17・3%、横ばい傾向67・3%、下降傾向15・3%。総宿泊単価は上昇傾向13・3%、横ばい傾向73・5%、下降傾向13・3%。横ばいとの回答がほぼ7割を占める。

 自館の客数は、増加傾向15・5%、横ばい傾向48・8%、減少傾向35・7%。横ばいがほぼ半数を占めている。

関連する記事

グランドニッコー東京台場は、日本航空客室乗務員ハンドベル演奏を12月23、24日に開催する。 「東京を楽しむ東京をくつろぐ」ひとときをお届けするグランドニッコー東京 …

続きを読む

旅館業界で人手不足が叫ばれる中、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(西村総一郎部長=兵庫県・西村屋本館)はこのほど、旅館・ホテル専門の求人サイト「旅館・…

続きを読む

鹿児島県はこのほど、県の産業経済や県民の保健福祉などの各分野で功績が顕著な個人、団体をたたえる2017年度の県民表彰の受賞者5人を決定した。産業経済部門の県民表彰は、ホテ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?