前橋市、周遊バスで花めぐり提案

  • 2017年3月15日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 前橋市の花の名所をバスで巡ることができる「赤城南麓花めぐり号」が4月1~16日に運行される。前橋市の関係者がこのほど、東京都台東区の観光経済新聞社を訪問し、周遊バスと赤城南面千本桜まつりをPRした。

 赤城南麓花めぐり号の1日乗車フリー乗車券は乗車時に購入でき、販売価格(大人1人)はJR前橋駅南口発着コース、東武鉄道赤城駅発着コースが1500円。ぐんまフラワーパーク、赤城クローネンベルクの入園料を含む。昨年は約1100人が乗車し、2割は外国人が利用。今年は昨年以上の乗車を期待する。

 桜まつりの会場までは、赤城クローネンベルク遊歩道入口から徒歩5分。赤城山中腹の苗ヶ島町で4月1~16日に開催され、樹齢約60年の約千本のソメイヨシノが約1・3キロメートル続く。桜まつり期間中は地元の名産が集まるふれあい物産市も開催する。

 イベントのPR役を務めている「赤城姫」の中山美優さんは「今までは東武赤城駅発着のバスは土日しか運行していなかったが、今年は毎日運行になり便利になった」と話し、周遊バスの利用を呼びかけた。「淵名姫」の南雲香那さんは「昨年の夜に桜まつりに訪れた。ライトアップされた桜がきれいなので見てほしい」と桜まつりの魅力を語った。

 乗車券、桜まつりの詳細は、前橋観光コンベンション協会まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連する記事

「道後温泉別館飛鳥乃湯」が9月に誕生 2014年をシンボルイヤーに「瀬戸内・松山構想」を掲げ、さまざまな目標を実現した松山市。次のシンボルイヤーとして掲げた2017年も…

続きを読む

城崎マリンワールド(兵庫県豊岡市)は13日、新しいライブパフォーマンス「Fish dance(フィッシュダンス)」を開始した=写真。これまで「ダイブアドベンチャー」として…

続きを読む

未曽有の被害をもたらし、今でも東北の観光に影響を与えている東日本大震災から6年が経った。今後東北の観光が復興の段階を超えて飛躍するにはどうすればよいのか。これまでの取り組…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?