全旅連、食中毒予防へ新マニュアル発行

  • 2017年4月10日

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)はこのほど、冊子「旅館・ホテルにおける食中毒の予防と対策」を発行した。旅館・ホテルで多く発生している食中毒の病因物質にスポットを当て、それぞれの対策を紹介している。都道府県旅館ホテル組合を通して全国の組合員旅館・ホテルに配布する。

 全旅連厚生委員会とシルバースター部会経営研究委員会を中心とする「衛生管理パンフレット作成委員会」(野澤幸司委員長)が公益社団法人日本食品衛生協会の協力を得て作成した9年ぶりのマニュアル。

 冒頭で、最近旅館・ホテルで発生した食中毒の件数を病因物質別に紹介。それによると、ワースト1がノロウイルスで、以下、カンピロバクター、ウエルシュ菌、病原大腸菌、クドアの順となっている。

 この五つの病因物質について、それぞれの性質や、食中毒を予防するための対策を詳しく述べている。

 例えばノロウイルスの場合、「持ち込まない」(入室前の手洗いなど)、「拡げない」(嘔吐物の適切な処理など)、「加熱(殺菌)する」(食品の中心温度85~90度で90秒以上)、「つけない」(素手で食品に触れないなど)の4原則の徹底を示している。

 また近年新たに特定されたクドアは、ヒラメなどに寄生する寄生虫で、汚染が疑われる食材は加熱(中心まで75度、5分間以上)または冷凍(中心までマイナス15度から20度、4時間以上)が必要としている。

 巻末では正しい手洗いの仕方や、「HACCPの考え方に基づく衛生管理」を述べている。

 A4判カラー16ページ。組合員旅館・ホテルに配布するほか、全旅連のホームページでも公開予定。

関連する記事

創業101年目の山形・赤湯温泉「瀧波」は、全館リノベーションした。 「山形座瀧波」(所在地:山形県南陽市)は、創業101年目となる2017年、「いきかえりの宿瀧波…

続きを読む

浅草ビューホテル(東京都台東区)はこのほど、1日にリニューアルオープンした1階フロアおよびレストラン「GRILLDINING薪火」のオープニングセレモニーを開催し、ファ…

続きを読む

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドは、「現代の名工」受賞記念 総支配人 檜山和司氏による一夜限りのスペシャルカービングディナーを開催する。 関連URL: https:…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?