全国修学旅行研究協会、60周年で記念式典

  • 2017年8月7日

式典であいさつする岩瀨理事長(壇上中央)

 全国修学旅行研究協会(全修協、岩瀨正司理事長)は7月26日、東京のホテルグランドヒル市ヶ谷で創立60周年記念式典と研究大会を開いた。修学旅行の安全性確保などを目的に1955年創立、1957年に財団法人として設立が許可されてから今年で60年を迎える。式典で岩瀨理事長が設立の意義を改めて強調したほか、引き続き行った研究大会では「修学旅行の過去・現在・未来」をテーマに旅行、教育関係者5氏がパネルディスカッション。脳科学者の茂木健一郎氏が記念講演を行った。

 式典で岩瀨理事長は「修学旅行は第二次大戦後、困難な環境のもとでいち早く復活したが、劣悪な食料と交通事情の中で多くの事故が起こるなど、実施にはさまざまな困難がつきまとった。事態を憂慮した教育関係者によって『教育性の充実』『安全性の確保』『経済性の適正化』を目指して誕生したのがこの協会だ」と設立当時を述懐。「60年を機に、改めて設立の趣旨を心に刻まなければならない。これからも日本の学校教育振興に向けて取り組む」と述べた。

 研究大会は第1部でシンポジウムを実施。「修学旅行の過去・現在・未来」をテーマに5氏の専門家が語った。

 文科省初等中等教育局の坪田知広・児童生徒課長は平成32年度から実施される新学習指導要領に触れ、「『何を学ぶか』だけでなく、『どのように学ぶか』を明記したのが要領改正のポイントだ。修学旅行の意義がさらにクローズアップされるだろう」と指摘。

 日本旅行業協会の越智良典理事・事務局長は「修学旅行は世界で類を見ない誇るべき行事。旅行会社は誇りを持って取り組んでほしい」、全日本中学校長会の直田益明会長は「これからのキーワードは『体験』。自分で考え、行動する経験が糧となるだろう」とそれぞれ述べた。

 脳科学者の茂木氏は「脳の学びの機会としての修学旅行」と題して講演。「人は旅をすることで前頭葉が鍛えられる。不確実な出来事に対応しなくてはならないからだ。旅先で予想しなかった出来事に遭い、人生がいい意味で変わる。これが最高の修学旅行だ」と述べた。

関連する記事

観光庁は7月25日、スポーツと文化資源を組み合わせたツーリズムの優れた取り組みを表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2017」の募集を開始した。スポーツ庁、文化庁との…

続きを読む

観光庁は4日、地域観光のかじ取り役を期待する日本版DMO(観光地域マネジメント・マーケティング組織)の確立を支援する候補法人の登録制度で、第10弾として12法人を登録した…

続きを読む

1はじめに 世界の貿易・投資・人の移動の拡大を背景に経済のグローバル化が飛躍的に進展し、国際競争が激化している中、近隣アジア諸国をはじめとした世界の主要国は、企業ミー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?