人口減少、企業の半数が「需要な経営課題」

  • 2017年10月11日

 帝国データバンクはこのほど、人口減少に対する企業の意識調査を行った。人口減少が「重要な経営課題」とする企業は45・7%と半数近くを占め、対応策として「高齢化に対応した商品・サービスの開発・拡充」を挙げる声が多かった。

 自社の経営で人口減少をどのように捉えているかの問いで、「重要な経営課題である」とした企業が約半数と最も多く、以下は「経営課題だが、それほど重要ではない」(28・3%)、「経営課題ではない」(13・0%)、「分からない」(13・0%)が続いた。

 人口減少が日本全体や自社の属する業界、自社にどのような影響を与えるかでは、「マイナスの影響がある」が日本全体で88・7%、自社の属する業界で84・8%、自社で78・7%と圧倒的に多かった。

 人口減少に対して自社でどのような対応策をとっているかでは(複数回答)、「高齢化に対応した商品・サービスの開発・拡充」が17・5%とトップ。以下は「労働力人口の減少に対応した商品・サービスの開発・拡充」(12・7%)、「国内の店舗網・販売先等の拡大・充実」(11・9%)、「異分野事業への進出」(10・1%)が続いた。

 このほか「観光需要を喚起する商品・サービスの開発・拡充」が3・5%で12位に入っている。

 一方、今後の対応策も、「高齢化に対応―」が25・7%、「労働力人口の減少に対応―」が25・2%と、上位に挙がった。次いで「異分野―」が24・3%と3位に上がり、人口減少への対応策として事業の多角化を考えている企業が多く見られた。

 人口減少への対応策を実施する時、どのようなことが阻害要因になるかでは(複数回答)、「人材確保」が75・5%と最も多かった。以下は、「販路拡大」(32・2%)、「技術開発・研究開発」(19・1%)、「企画提案力の獲得」(16・6%)など。

関連する記事

経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の7月分確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)など2業種が前年同…

続きを読む

ユーロモニターインターナショナルは17日、2017年の世界の延べ旅行者人数は前年から3.7%増加し、旅行支出は4.1%増加するという予測を発表した。 当社はこの度、世界…

続きを読む

LandSkip、北海道銀行と観光VRで業務提携する。 風景流通プラットフォーム「LandSkip ®(ランドスキップ)」を運営する株式会社ランドスキップ(代表取締役 …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?