主要旅行業49社、11月の総取扱額が2%減少

  • 2017年2月14日

17021103表

 観光庁が2日に発表した主要旅行業49社の2016年11月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比1・7%減の4837億7728万円だった。7カ月連続で前年割れした。内訳は、国内旅行が同3・3%減の2987億2259万円、海外旅行が同1・5%増の1679億6955万円、外国人旅行が同3・0%減の170億8514万円。

 旅行会社からの聞き取りによると、国内旅行は前年に3連休があったことの反動などで前年を下回った。16年7月以来4カ月ぶりに前年実績を下回った外国人旅行は、前年の大型団体受注の反動などが要因となった。

 総取扱額が前年実績を超えたのは、49社中22社。旅行分野別では国内旅行が48社中20社、外国人旅行が36社中20社、海外旅行が47社中24社で前年比増となった。

 募集型企画旅行の総取扱額は、同3・6%減の1308億8479万円だった。内訳は、国内旅行が同5・1%減の852億7435万円、外国人旅行が同4・4%減の5億4590万円、海外旅行が同0・5%減の450億6454万円。

 募集型企画旅行の取扱人数は、同4・3%減の325万1606人。このうち国内旅行は同5・2%減の296万6071人、外国人旅行は同0・5%増の3万2900人、海外旅行は同6・7%増の25万2635人。

17021103表

関連する記事

日本旅行と日旅連新たな連携で相互の価値向上を 日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連)の2017年度通常総会が3月2日、熊本市のホテル(ANAクラウンプラザホテル熊本ニュー…

続きを読む

今月からプレミアムフライデー プレミアムフライデーは、買物や家族との外食、観光など個人が幸せや楽しさを感じられる体験や、そのための時間の創出を促す取り組み。3月以降の月末…

続きを読む

鉄道旅客協会がこのほど発表した主要旅行業12社の2016年12月の旅行取扱額は、前年同月比4・5%減の2506億5323万円だった。 内訳は、国内旅行が同4・5%減の1…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?