ホテル翔峰、4月15日に改装オープン

  • 2017年3月15日

ダイニングや食事処などを改装した(イメージ)

ダイニングや食事処などを改装した(イメージ)

 アルピコグループ・東洋観光事業が経営するホテル翔峰(95室)は4月15日、リニューアルオープンする。

 同館は長野県松本市の奥座敷、美ヶ原温泉に位置する温泉宿で、現在2期に分けての改装工事を進めている。今回はその第1弾で、ダイニング・食事処、客室の一部、エントランスを改装した。個人・小グループが楽しめる「上質な宿への生まれ変わり」がテーマという。

 今回誕生する「旬彩ダイニング信州」では信州ならではの食材として、特に野菜にこだわった料理を提供する。夕食は石窯を備えたライブキッチンで、信州産の地野菜を「焼野菜」で提供。デザートも石窯で焼くスタイルを採用する。ほかにも地元のそば粉を使った名物の「そば饅頭」、「信州の川魚の造り」なども新たな手法で提供。朝食はバイキングスタイルで信州味噌などを使い目の前で握る「おにぎり」などを用意する。併せて「食事処喜八」もリニューアルする。

 また、中央館4、5階の8室を露天風呂付き客室としてリニューアルする。同館は、北アルプスの雄大な眺めが大きな売りの一つだが、今回の改装で、「その眺望や松本の街並みを見下ろす雄大なロケーションを、さらに楽しんでもらえるようになる」としている。

 エントランスには、シックで松本らしい黒塀を備え、和の風情を演出した。

ダイニングや食事処などを改装した(イメージ)

関連する記事

日本ホテル協会(247ホテル)は14日、平成29年度春季通常総会を東京都千代田区の帝国ホテルで開催し、任期満了に伴う役員改選で、小林哲也会長(帝国ホテル会長)に代わる新会…

続きを読む

コンサルタントのリョケンはこのほど、全国の旅館を対象に「求人活動」に関するアンケート調査を行った。利用している求人メディアはインターネットが63%と最も多く、実施している…

続きを読む

観光庁はこのほど、宿泊旅行統計調査の2016年の年間値(速報値)を発表した。全国の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年比2・0%減の4億9418万人泊となった。内訳は日本人が3…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?