ホテルグランヴィア大阪、朝食を全面リニューアル

  • 2017年7月16日

和洋バイキングのイメージ

 ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)は7月1日から、朝食を全面リニューアルした。100種類のメニューを楽しめる和洋バイキングを提供している。

 洋食中心のバイキングを提供するフレンチレストラン「フルーヴ」と和定食を提供する日本料理「浮橋」の2店舗で営業してきたが、「フルーヴ」1店舖に統合した。ホテル業界でも最大級の規模となる「100種類の洋食・和食メニュー」があるバイキングにした。

 フレンチシェフが手掛ける「フレンチデリコーナー」を新設。特製「ザ・フレンチトースト」や「自家製 塩プリン」など朝食専用のスイーツも用意した。

 営業時間は午前7時から9時30分。価格は大人2700円、4~12歳が1400円(共に税金・サービス料込み)。宿泊予約と同時申し込みの場合は1900円。

 朝食は近年、宿泊先を選ぶ際に重要視される点として注目度が高まっている。アンケート調査では「価格」「立地」など利便性に関わる項目に続き、「朝食の質・量」が3位に入るなどの結果も見られる。

 また従来の卵料理やサラダ中心のスタンダードな料理だけでなく、地元食材や郷土料理、無農薬野菜など、独自性や質を高めた内容へシフトするホテルも出てきている。朝食のみを利用する外来客が増加したとのデータもある。

 ホテルではこれらのニーズに対応した。

関連する記事

リーガロイヤルホテルの池上祐子氏が、バーテンダー・コンペティション アジア大会で総合準優勝した。 リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島 総支配人 田辺 能弘)のセラー…

続きを読む

全日本シティホテル連盟(JCHA、清水嗣能会長)が10日に発表した会員ホテルの2017年10月の全国平均客室利用率は87・1%で、前年同月比では0・8ポイントの増加となっ…

続きを読む

ロイヤルホテルは、客室を58室増室し、総客室数で大阪市内最大の1,042室にする。 株式会社ロイヤルホテル(大阪市北区中之島、社長 蔭山 秀一)が運営するリーガロイヤル…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?