グランピングが好調 参加人口、4年連続増

  • 2017年8月12日

 日本オートキャンプ協会(JAC、明瀬一裕会長)はこのほど、「オートキャンプ白書2017」を発表した。白書によると、16年のオートキャンプの参加人口(1年間に1回以上キャンプをした人数)は前年比2・5%増の830万人で、4年連続で前年を上回った。

 増加の背景について白書は、「グラマラス(魅力的な)とキャンプを合わせた『グランピング』の専用施設がオープンするなど15年に続き話題となり、キャンプのイメージをけん引した。また、閉鎖したキャンプ場をグランピングスタイルの施設としてリニューアルする施設も登場し、マスコミでキャンプがさまざまな形で取り上げられた。このほか、新規参入者の増加や北海道など一部を除き比較的天候に恵まれ、特に近畿、中国・四国で稼働率が伸びた」とした。

 キャンパーの平均年齢は42・1歳で、15年の42・4歳から下降。年代別にみると、40代が41・8%で最も多く、次いで30代の32・4%と30~40代の団塊世代の子ども「団塊ジュニア」が7割強を占めている。キャンプ経験は2~3年が21・8%と最も多く、1年が21・1%と続きビギナー層が増えている。

 キャンプの回数と泊数は3・3回、4・7泊と微減。高速代、ガソリン代、キャンプ場の使用料、食材などを含めた1回あたりのキャンプ費用は2万4723円と前年を1983円上回った。費用は上昇傾向にあったが15年に下がった後、16年に再度大きく上向いた。

 キャンプ場の平均稼働率は14・0%と5年連続で上昇。北日本の台風や熊本地震で地域的な影響が出たが、それ以外の地域では比較的天候に恵まれたことなどが稼働率向上の要因とみられる。

 グランピングがマスコミで大きく取り上げられ、需要が今後も増えるとされるが、「取り入れない」が61・0%、「検討中」が20・1%と合わせて8割を超え、グランピングに関心はあるものの、導入については慎重な姿勢を示している。

 白書は「一部では、旅館・ホテルなどの宿泊業が提供する一種の宿泊形態として捉えられている。一方で、積極的に取り入れて成功しているキャンプ場も増えてきている」と指摘する。

関連する記事

昭文社は2「首都圏発 日帰り 大人の小さな旅 美食ドライブ」を本日発売する。 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長黒田茂夫)は、思い立ったらすぐ行ける大…

続きを読む

JTBグループの損害保険会社、ジェイアイ傷害火災は16日、ネット専用海外旅行保険「t@bihoたびほ」の契約者専用スマホアプリに世界300都市以上の天気予報を確認できる「…

続きを読む

コーセーコスメピア(東京都中央区)はこのほど、手と顔の両方で使える泡のハンドソープ「コーセーマイルドモイスチュアウォッシュ」(300ミリリットル入り)に新しいアプリ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?