エボラブルアジア、SNSのビックデータ分析や中国中心の越境マーケティングを行うトレンドEXPRESSに資本参加

  • 2017年11月5日

 エボラブルアジアは、SNSのビックデータ分析や中国中心の越境マーケティングを行うトレンドEXPRESSに資本参加すると発表した。同社の訪日旅行事業との相乗効果を狙う。

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、株式会社トレンドEXPRESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:濱野 智成、以下トレンドEXPRESS社)への資本参加をいたします。

■トレンドEXPRESS社の概要
 トレンドExpress社は、「人と世界をつなぐ」をミッションに掲げ、日本企業の外需の積極的な取り組みを推進すべく、中国を中心とした越境マーケティング事業(クロスバウンド事業)を拡大しております。

 現在の主な事業は、中国等のアジア圏消費者動向を分析するレポーティング事業、及び「トレンドPR」を中心とした越境プロモーション事業を行っております。

 「トレンドPR」は、SNS上のクチコミ分析のノウハウを最大限に活かし、クチコミ情報を重視する中国人消費者のクチコミ分析に基づいた記事制作と、クチコミ情報の拡散元となるWebメディアへの情報発信、効果測定までを、中国での外需参入を目指す日本企業向け及び中国国内企業向けにワンストップで提供するサービスです。

■株式取得の目的
 この資本参加は、投資事業の一環での取り組みであり、トレンドEXPRESS社の今後の成長によるリターンを期待しております。また、トレンドEXPRESS社との事業シナジーとして、今後は当社の訪日旅行事業と連携し、当事業のサービスや品質の向上を図ってまいります。

■業績に与える影響
 今期の業績予想については現在策定中であり、詳細が決まり次第適時にお知らせします。当社投資事業は、オンライン旅行事業及び訪日事業、ITオフショア開発事業に続く収益基盤として期待しています。

【株式会社トレンドExpress】
本社   :東京都千代田区富士見一丁目3番11号 富士見デュープレックスビズ 5階
社名   :株式会社トレンドExpress
代表者 :代表取締役社長 濱野 智成
資本金 :100百万円(2017年1月14日時点)
株主    :株式会社ホットリンク
URL :http://www.trendexpress.jp/

【株式会社エボラブルアジア】
本社   :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名   :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :1,029,636千円(払込資本 1,864,271千円)
URL :http://www.evolableasia.com/

関連する記事

JTBは、「JTBショッピング」でお歳暮の販売を開始した。 JTBグループの商事事業会社、株式会社JTB商事(東京都中野区、代表取締役社長:菊田 薫)は、「旅」をテーマ…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。同月の宿泊業の売上高は前年同月比7・2%減の5904億6300万円と、2カ月連続で減少した。サービス産業全体…

続きを読む

ゴルフダイジェスト・オンラインは、「じゃらんゴルフ」との連携を強化した。 インターネットで、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する、株式会…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?