エボラブルアジア、シートリップとのシステム連携で中国人インバウンド客に国内航空券を供給 

  • 2017年5月16日

 エボラブルアジアは16日、中国最大のOTAであるシートリップとシステム連携し、訪日中国人旅行客に日本国内の航空券を供給すると発表した。詳細は次の通り。

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下当社)は、中国最大の旅行会社Ctrip.com(本社:中国上海市、以下Ctrip)と、日本におけるOTAとして初となる国内航空券領域におけるシステム連携に向けた業務提携契約を締結しました。これにより、増大する訪日中国人旅客への国内航空券販売を一層強化してまいります。

Ctripサイトイメージ:http://www.ctrip.com/

■契約の背景と概要
 当社は、国内全航空会社グループとの契約を保有していることを背景に、価格優位性を持った国内航空券の安定的な供給が可能であることと、ベトナムにおける700名以上のシステムエンジニアを背景としたシステム開発能力を強みとしております。これにより、CtripのUI及びUXを損なうことなく、両社間における検索・予約・販売システムの連携を行うことができます。

 年間637万人(2016年)を超え、増大する中国からの訪日旅行客への国内航空券販売の強化、並びに両社の一層の提携強化に向けて、日本におけるOTAとして初となる国内航空券領域におけるシステム連携に向けた業務提携契約を締結しました。

関連する記事

楽天は20日、民泊事業会社の楽天LIFULL STAYが、台湾最大の民泊・バケーションレンタル予約サイト「AsiaYo.com」と業務提携したと発表した。アジア地域からの…

続きを読む

日本旅行業協会(JATA)は7月10日、会員各社と中連協会員各社に四半期ごとに実施している「旅行市場動向調査」の2017年6月期結果を発表した。国内旅行の現況(4~6月)…

続きを読む

ロングステイ財団は、JTB会長や日本旅行業協会(JATA)会長を務める田川博己氏が6月28日の理事会で会長に就任したと発表した。 舩山龍二会長は6月27日で退任した。 …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?