エクスぺディアグループ、2016年のインバウンド需要傾向を発表

  • 2017年3月14日

モバイル予約が激増 訪日旅行先として地方都市が急成長

 エクスぺディアグループは14日、契約国内宿泊施設の売上データから、2016年通期における日本のインバウンド需要の傾向を分析し、発表した。発表の詳細は以下の通り。

 世界最大級のオンライン旅行会社であるエクスペディア グループは、同社が展開するExpedia.com®や Hotels.com®など75カ国以上、35言語による200以上のオンラインサイトにおける2016年通期(1月から12月まで)の国内宿泊施設宿泊数売り上げに基づき、インバウンド需要の傾向について分析しました。最も顕著な傾向は、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末を利用した宿泊予約の急増です。また、地方都市への訪日外国人旅行者数が着実な伸びを示しました。

 2016年は、グループの旗艦ブランドであるExpedia.com®の日本版 (www.expedia.co.jp) が開設10周年を迎え、年間総予約売り上げが初めて10億米ドルに達しました。

■2016年通期におけるエクスペディア グループ全ブランド(1)のインバウンド需要(前年比)

表1) 2016年訪日外国人 国別宿泊予約増加率トップ5

国・地域 全デバイスによる

予約増加率(前年比)

モバイル端末経由による

予約増加率(前年比)

1.    ブラジル 60%以上増 約95%増
2.    韓国 約60%増 105%以上増
3.    インドネシア 約55%増 80%以上増
4.    台湾 約45%増 90%以上増
5.    米国 約45%増 約60%増

 上記の訪日外国人の国別宿泊予約増加率トップ5を見ると、いずれも約50%予約が増加していることが分かります。また、モバイル端末による宿泊予約増加率は上位5カ国全てで全デバイスの予約増加率を上回っています。モバイル需要の伸びは韓国を筆頭にブラジル、台湾が顕著であり、これらの国はいずれも、世界全体のモバイル予約の約2倍に迫る増加率を記録しています。

表2)2016年訪日外国人 人気訪問地(都道府県・地域の予約増加率)トップ5

都道府県・地域 予約増加率(前年比)
1.     鹿児島 約200%増
2.     岡山 150%以上増
3.     大分 約140%増
4.     北海道(2) 約110%増
5.     石川 約95%増

 インバウンド需要における主要観光都市である東京、大阪、沖縄、京都は平均35%の増加でしたが、地方都市への需要の伸びは顕著でした。上記のとおり、鹿児島、岡山、大分、北海道では3桁の増加を記録。エクスペディア グループでは、こうした地方都市への訪日客誘致についてこれまでさまざまな活動を行ってきました。訪日外国人旅行者のいわゆる「ゴールデン ルート(3)」にあたる地域以外の予約が増加しており、インバウンド需要が多岐にわたる地域へ分散し始めたことは朗報です。

 訪日外国人旅行者が支払った1泊の平均宿泊料金は、国内旅行の日本人旅行者と比較して約20%高く、宿泊数も1.5倍長かったという結果が出ています。また、外国人旅行者は日本人旅行者より予約期間が2倍も長く、1.5カ月以上も先の宿泊を予約しています。さらに、外国人旅行者は平日の宿泊を予約する傾向が顕著です。エクスペディア グループ の全サイトで行われた国内宿泊施設の平日予約は、その80%以上が外国人旅行者によるものであり、平日の予約は週末と比べて5%多い結果が出ています。

 エクスペディアホールディングス株式会社 代表取締役 ロッジング パートナー サービス 日本・ミクロネシア地区統括本部長のマイケル・ダイクスは「エクスペディア グループのさまざまなサイトを利用される訪日外国人の半数以上が3泊以上の宿泊をしています。私どものビジネスパートナーである国内の宿泊施設は訪日旅行者が週末にかけてさらに連泊できるようにしていただくことで、稼働率を飛躍的に伸ばすことができるでしょう。また、多くの訪日外国人は日本の宿泊施設をかなり早期に予約しています。しかし、現状では国内宿泊施設に見られる独特の傾向として、6カ月先の在庫までしか提供されていません。これは、エクスペディア グループの世界平均の約半分です。弊社では、世界中のベストプラクティスを基にしたマーケティング情報をパートナー施設へ提供することで、効果的に競争力を高めていただけるようサポートを続けてまいります」と述べています。

表3) 2016年訪日外国人 国別シェアトップ10

国/地域(前年比の増加率)
1.     香港(約40%増) 6.     シンガポール(約40%増)
2.     韓国(約60%増) 7.     タイ(約20%増)
3.     米国(約45%増) 8.     英国(約30%増)
4.     台湾(約45%増) 9.     カナダ(約35%増)
5.     オーストラリア(約30%増) 10.  中国(約15%増)

 2016年は世界各国からさまざまな客層の旅行者が日本を訪れましたが、訪日外国人の国別シェアトップ10は 2015年と同様の結果となりました。訪日旅行者が最も多かったのは香港、次いで韓国、米国、台湾の順となり、それぞれ前年比で平均50%以上増えました。また、トップ10にオーストラリアや英国、カナダが加わったことは注目に値します。

 エクスペディア グループでは200以上もの旅行予約サイトを75カ国語以上で運営しているため、国内の宿泊施設へ多岐にわたる訪日旅行者を供給することができ、一方、旅行者へはさまざまな価格帯の幅広い国内宿泊施設を提供できます。エクスペディア グループ全サイトの利用状況を見ると、5つ星および 4つ星の宿泊施設に滞在した旅行者の多くは、米国および英国、シンガポール、オーストラリア、中国本土からという結果が得られました。また、東南アジア諸国やヨーロッパでは格安の訪日旅行ニーズが高まっていることも読み取れます。

表4) 2016年訪日外国人 宿泊施設グレード国別トップ5

5および4つ星施設 3つ星施設 2つ星施設
1. 米国 台湾 タイ
2. 中国 香港 マレーシア
3. 英国 カナダ フランス
4. シンガポール ドイツ スペイン
5. オーストラリア スウェーデン 韓国

 2016年は、エクスペディア グループ全体(1)で、前年比21%増となる2億4600万件を超える宿泊が予約されました。総予約売り上げも前年比21%増の724億3150万ドルとなり、収益は前年比32%増の87億7360万ドルを記録しました。また、エクスペディア グループ サイトの訪問者数は72億となり、前年比30% 以上増加しました。

■    エクスペディア® ロッジング パートナー サービスについて

 エクスペディア® ロッジング パートナー サービス (LPS)は、エクスペディア グループの全ブランドサイト (Expedia.com®、Hotels.com®、Hotwire®、Travelocity®、Wotif®、Egencia®(業務渡航専門旅行会社)、Expedia® Affiliate Network など) へ宿泊施設を提供する「ソーシング業務」を行っています。

 パートナーである宿泊施設 (ホテル、旅館、カプセルホテルなど) は当社とひとつの契約を結ぶと、アクセス数が月間6億超に上る75カ国、35言語による200以上の予約サイトを展開するエクスペディア グループの旅行ブランドサイトを通じて、何百万人にもおよぶ世界中のさまざまな旅行者にアクセスすることが可能です。

■    エクスペディア グループについて

 エクスペディア グループ (NASDAQ: EXPE) は、世界最大級のオンライン総合旅行会社で、幅広いブランド・ポートフォリオを誇ります。傘下のオンライン旅行ブランドおよびサービス例は下記の通りです。

  • Expedia.com® – 世界33カ国で現地対応のオンラインサイトを運営する総合旅行会社
  • Hotels.com® – 世界89カ国39言語で展開し、ロイヤリティプログラムの Hotels.com® Rewards が高評の世界的な宿泊施設専門予約サイト
  • Orbitz WorldwideOrbitz.comCheapTickets.com、ヨーロッパ 7カ国で総合旅行サービスをオンライン展開しているブランド ebookers を運営する米国の旅行オンラインサイト。業界のリーディング カンパニー
  • Expedia® Affiliate Network (EAN) – 独自の API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス) およびテンプレート・ソリューションを提供し、主要な航空会社、コンシューマー・ブランド、オンライン旅行代理店そのほか多数のパートナー企業のホテルビジネスをサポートするグローバルな B2Bブランド システム
  • trivago® – 世界55カ国で展開している主要なホテル検索オンラインサイト
  • HomeAway®VRBOVacationRentals.com®BedandBreakfast.com® などのブランドを傘下に保有するバケーションレンタル業界大手の国際的なオンライン・ソーシャル・マーケットプレイス
  • Egencia® – 業界をリードする業務渡航専門旅行会社
  • Travelocity® – 「Customer 1st Guarantee サービス」で顧客のニーズに応え、カスタマーサービスをいつでもどこでも提供する米国およびカナダを代表するオンライン旅行ブランド
  • Hotwire® – Hot Rate®プロモーションでお得に宿泊するための独自のシステムを提供するオンライン予約サービス
  • Expedia® Media Solutions – エクスペディア グループの広告販売部門で、各種メディアと提携し、さまざまな旅行消費者層をターゲットにしたブランド広告を実施
  • Wotif GroupWotif.com® および Wotif.co.nzlastminute.com.au®lastminute.co.nztravel.com.au® などのブランドを有するトップレベルの旅行サイト
  • Classic Vacations® – ラグジュアリートラベルを代表する業界専門サイト
  • CarRentals.com – 13カ国語で展開するレンタカー予約サイト
  • Expedia Local Expert® – 世界各地のイベント、アクティビティ、ツアー、アトラクション、地上交通機関などのサービス情報を提供し、予約をサポートするオンラインサイト
  • Expedia® CruiseShipCenters® – 230 社以上のフランチャイズ旅行代理店を北米全域で展開する、クルーズとバケーションに特化した予約専門サイト

(1) eLongを除く

(2) 北海道 = 網走、北見、稚内、道北、道南、阿寒、屈斜路、摩周、旭川、千歳、支笏湖、登別、釧路、根室、小樽、知床、苫小牧、室蘭、帯広、十勝、富良野、洞爺

(3) 東京、箱根・富士山、京都、大阪を巡るルート

(1) eLongを除く

関連する記事

富士急は15日、無料公衆無線LAN「FUJIYAMA Wi-Fi」の提供を始めた。 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎、以下「富士急行」)とエヌ…

続きを読む

JTBは「東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町」で、小学生を対象にした「英語でお仕事体験プログラム」を始める。 JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品…

続きを読む

CBCテレビは20日、中部地方のインバウンド情報ポータルサービス「Centrip Japan」を公開開始したと発表した。 株式会社CBCテレビ(本社:愛知県名古屋市 代…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?