アパグループが過去最高益、経常利益338億を達成

  • 2017年2月17日

 アパホテルを傘下にもつアパグループは17日、2016年度連結決算を発表した。経常利益は前年比20%増の338億円で過去最高益を達成した。同社発表による詳細は次の通り。

 総合都市開発のアパグループ(代表:元谷外志雄、本社:東京都港区赤坂三丁目2番3号)は、平成28年11月期連結決算を発表した。

 平成28年11月期は、ホテル事業については、アベノミクスに端を発した円安株高が反転し、訪日外国人によるいわゆる「爆買い」現象の沈静化が見られものの、既存店売上高は前年を超え、さらに新規ホテルの開業が続いたことや、平成28年9月に北米で展開するCoast Hotelsを買収したこと等により、売上高が898億円(前期比+14.2%)となった。不動産等事業ではTHE CONOE〈代官山〉の販売が順調に進んだこと等により、売上高が207億円(前期比+67.2%)となった。

 その結果、売上高1,105億円(前期比+21.4%)、営業利益372億円(前期比+16.1%)、経常利益338億円(前期比+20.1%)、当期純利益200億円(前期比+11.6%)と、前期対比大幅な増収増益となった。

 平成29年11月期は、ホテル事業は既存店が堅調に推移することに加え、新規ホテルの開業が続くため、増収が見込まれる一方で、不動産等事業は大型プロジェクトの端境期にあたり、全部門の売上高はほぼ横ばいを見込んでいる。

<比較損益計算書>
(単位:百万円)

平成27年11月期 平成28年11月期 前期比
売上高 91,035 110,501 +21.4%
営業利益 32,008 37,166 +16.1%
経常利益 28,190  33,844 +20.1%
当期利益 17,903  19,990 +11.6%

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、ホテル・旅館、飲食など生活衛生関係営業の景気動向等調査の昨年10~12月期分を公表した。同期のホテル・旅館の業況判断DI(前期比で業況が好転と…

続きを読む

世界の175のホテルが栄えある5つ星を獲得 38のホテル、レストラン、スパが新たに格付けを獲得 フォーブス・トラベルガイドは24日、最新のホテル格付けを発表した。詳細は次…

続きを読む

楽天トラベルは22日、仙台国際ホテルで開いた「楽天トラベルカンファレンス2017仙台会場」で「楽天トラベルアワード2016東北地区」の受賞宿泊施設を発表、表彰した。詳細は…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?