【PR】名湯一門 高見屋グループ。

  • 2017年7月16日

不易流行のおもてなし。伝えるべきこと、変えるべきもの。

山形の温泉にコンセプトの異なる12の湯宿を揃える、名湯一門 高見屋グループ。

 


関連キーワード

関連する記事

今年2017年は日本と中国の国交正常化45周年。両国で多くの記念事業が予定されている。さらに中国では日本人観光客のさらなる誘致に向けて、省や地域ごとのPR活動も盛んだ。国交…

続きを読む

対談ブランド化粧品で集客増 アメニティに気を使う旅館・ホテルが増えている。宿泊客の目も肥え、アメニティの良し悪しは施設の評価につながりかねない。若い女性に人気の化粧品「…

続きを読む

マーケ、経営戦略も学習 「観光オンリーではなく、マーケティングも経営戦略も学ぶ」。渡辺康洋教授はこう強調する。桜美林大学の観光教育では、幅広く、バランスよくビジネス全般を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?