【高校教育旅行特集】さとやま体験(広島湾ベイエリア・庄原市)

  • 2017年4月16日

高野で開催される雪合戦大会

心の温もり・繋がりを体感

 
 広島県北東部に位置する庄原市は、中国山地のほぼ真ん中に位置し、島根県、鳥取県、岡山県に隣接しています。2015年3月には尾道と松江を結ぶ中国横断自動車道「中国やまなみ街道」が全線開通し、山陽と山陰を結ぶ中継拠点として世界遺産や文化遺産・自然遺産を巡ることができるようになりました。

 庄原市では、夏の新緑や秋の紅葉、冬の雪など、さとやまの四季を彩ります。また、農業生産量が広島県内最大級と農業が盛んで、穀物、野菜、果樹、畜産などその形態も多様です。このような資源を生かし、豊かな自然や農林業などを中心に、庄原市全域でさまざまな体験プログラムが整備され、四季を通じて体験することが可能です。

心を育む民泊体験

 庄原市の民泊体験では、生徒の皆さんを飾ることなく、家族の一員として迎え入れ、一緒に笑い合ったり、協力しあったり、時には叱ったりと、同じ時間を共有し、人との絆や温もりを感じていただきます。家業体験では、共通体験を通じてコミュニケーション能力の形成を図ります。「知識では分かっていても実際に体験すると上手くいかない」という経験と、そこから自分で学び、達成感、充実感を味わうことも重要なポイントとして体験していただきます。

 現在、庄原市では143軒の受け入れ家庭があり、320人程度の受け入れが可能です。また、より多くの地域住民に参加してもらうため、登録家庭の拡大に努めております。400人までの受け入れにつきましては一度ご相談ください。自然と寄り添う里山の生活と、そこに生きる人の英知には人を育む力があります。21世紀の日本を担う未来ある子どもたちのために、今、庄原の「人と資源」が大きく貢献できることを期待します。

■おすすめプログラム

ラフティング体験

 8人乗りの特殊なゴムボートに乗り込み、みんなで力を合わせて川を下る「ラフティング」はチームワークと主体性の醸成に最適です。フィールドとなる西城川(全長約5キロ)は江の川の源流で美しく、中国山地の大自然を満喫することができます。また、古来より舟運として利用され、今もその名残りを垣間見ることができ、チームワークの醸成だけではなく、歴史、地学、環境学など多岐にわたって学べるプログラムです。

スポーツ雪合戦

 「YUKIGASSEN」として世界中に広がり、国際大会も実施されているスポーツ雪合戦。庄原市では、西日本最大規模の雪合戦大会が開催され、春から秋にかけて体育館で練習が行われます。16年の全国大会では小学生、レディース、一般の3部門で優勝をするほど全国でも屈指の強豪地区になります。戦略、戦術を必要とし、チームビルディングが勝利の鍵。瞬時の状況判断力とアクシデントにも動じない精神力、何よりチームワークが問われる戦術性の高いプログラムです。

森林間伐体験

 田舎では人口減少・少子高齢化に伴い、耕作放棄地の増加や山林の保全管理が困難になっています。学習指導要領の改訂に伴い教育現場では「主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)」が求められています。探究型の地域社会貢献プログラムとして、枝打ちや間伐体験を用意しています。この体験を通して、中山間地域の抱える課題を理解するとともに、持続可能な社会の実現を模索していきます。


関連キーワード

関連する記事

続きを読む

カルストと丹霞の佳景、多様性の美 今年は日本と中国の国交正常化45周年。両国でさまざまな記念事業が行われている。さらに中国では多くの日本人観光客を呼び込もうと、省や地域ご…

続きを読む

日光市と東武グループは共同でツーリズムEXPOジャパンに出展 東武グループは、東京都墨田区の東京スカイツリー、東京スカイツリータウンから日光・鬼怒川エリアへの誘客にも取り…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?