【食と観光 訪日客4000万人時代の和食7】日本と日本人らしさを世界にアピール 鍔一郎

  • 2017年11月12日

 私どもの店は、日本料理を提供する料亭だが、若い頃より外国に興味があり、気が付けばこれまでに50カ国以上を旅してきた。

 約半世紀前の高校生の時に、初めて訪れたところがイギリスだった。当時は海外の情報が乏しく、欧米の方は毎日分厚いステーキを食べていると勝手に思い込み、かなり期待を持ってホームステイ先の初日の夕食の卓についた。

 何とメインディッシュが薄っぺらいハム1枚と茹でた大量のジャガイモ、人参、グリーンピースだった。その期待はその後約1カ月間裏切られ続け、帰国前の3日間は有り金をはたいて中華料理屋に通い詰めたことを懐かしく思い出す。

 20代後半から美食の国といわれる、フランス、イタリア、スペインをはじめとするヨーロッパ各国、アメリカ、アフリカ、中国などを回り、その土地で最もおいしいと言われる食べ物、レストランを探し求めて歩いた。それぞれの地のレストランで段々と思いを強くしていったのは、文化、歴史、民族、風土、国民性、さらには政治的背景までもが今食している料理を形づくって来たのではないかということだ。

 今の日本を見てみよう。確かなことは言えないが、人口10万人以上の街であれば、仏、伊、中、ファスト、無国籍料理はほぼ食べることができる。ふと、日本らしさとは何だろうかということが脳裏に浮かぶ。

 ヨーロッパの片田舎のたまたま入った小さなレストランで、思いがけないおいしい料理とワインとあたたかなもてなしを受けた時、アメリカの砂漠の中の1軒家の家族経営のドライブインで食べたチリビーンズは、私にとってまさにその国、その国民だった。

 訪日外国人が増えること自体は喜ばしいことだが、われわれ日本人が、利便性や営利に走りすぎ、どこかで日本らしさや自分たちのアイデンティティを見失いつつあるように思えてならない。

 女将や幹部スタッフと定期的に評判の良いお店をピックアップして、料理屋、レストランに出かける。お酒も入るので話題はあちこちに飛び火するが、最終的には「らしくあろう」ということに収れんしていくように思われる。

 金沢は北陸新幹線が開通して早3年、多くの訪日外国人が来る。その興味の矛先は、文明化されたあるいは商業化された空間ではなく、日本人の暮らし方や日本らしさを求めて街を歩いているように思える。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、さらに多くの外国の方が日本にやってくる。今こそ私は、日本料理を提供する者の1人として、日本人らしさと日本らしさを世界にアピールできる大きなチャンスだと思い楽しみにしている。

 (国際観光日本レストラン協会常務理事、つば甚 鍔一郎)

関連する記事

旅館・ホテルの黒字化を図るにあたって、最も苦労するのが中規模(40~80室)である。立地に恵まれていたり、社長や女将、番頭役が卓越した商才を持っていたりすれば高収益化も不…

続きを読む

今回は、日本版DMOにおける合意形成について述べたい。観光庁の登録要件の第1番目に書いてあるように、DMOの最も重要な役割は観光地域づくりを行うことについて、多様な関係者…

続きを読む

11月6日に観光庁・宿泊業の生産性向上推進事業のつづきとして国際観光施設協会と日本旅館協会の共催で、観光庁の後援を受けて表題のシンポジウムを大手町で開催した。120名ほど…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?