【道標 経営のヒント88】エコ・小活動で美しい利益 佐々山茂

  • 2017年3月20日

 今回からこのコーナーで「設計・建築」を担当させていただきます。

 40数年前に大学を卒業して入社した設計事務所で初めて担当したのが温泉旅館で、以来旅館の設計に携わってきた。高度成長期、バブル期とその後の低成長期を経て現在まで、旅館業界を設計者の立場から見てきた。

 東日本大震災の節電活動をきっかけに公益社団法人国際観光施設協会でエコ・小活動に参加した。「エコ・小」とは旅館を小さなエネルギーでエコロジカルに運営する活動をいう。今までに100軒ほどの旅館の調査指導をしたが、調査に入った旅館は高度成長期までに建設された建物がほとんど。

 当時の設計の考え方は10帖の客室に5人泊まり、大浴場は一度に大勢のお客さまが入浴し、食事は宴会場で一斉に食べることを想定していた。しかし、現在は個人客が中心となり、1室2~3人になり、チェックインも三々五々でピークが分散している。

 客室などの内装は個人客向けに改修が進んでいるが、設備システムは過大なまま手を付けられていない。またリゾート地にあるため稼働率が低いのだが、中央式空調では稼働率の変動に対応できない。大浴場の循環ろ過ポンプもお客の数が多くても少なくても常に1年中一定に回っている。

 これらのことからエネルギーを浪費し、1人当たりの水道光熱費が売り上げの10%前後となり経営を圧迫しているケースが多く見受けられる。

 運用面で三つの問題があると考える。(1)水光熱費をどのくらい使っているか把握出来ていない(2)設備を理解して管理できる人がいない(3)設備システムに欠陥があるか、間違った運用をしている―だ。

 給湯配管に流量メーターを設置して時間ごとの流量を計測すると、食器洗浄をしている時間帯や深夜で急に使用量が増える。食器洗浄機で十分に洗えるのだが、お湯を流しながら前洗いすれば膨大なお湯を無駄にする。また、浴槽の清掃後に真湯で湯張りをすれば温泉成分が薄まるばかりでなくお湯の無駄遣いになる。外注に任せて管理できていないのでエネルギーとともに、人件費も無駄にしている。

 30室、年間宿泊数2万人の旅館で、1人当たりの水光熱費が1350円とすると年間の水光熱費は2700万円となる。水光熱費が千円に下げられれば年間700万円浮く。実際に1千万円以上減らした旅館もある。

 「エコ・小」活動で節減できたお金は純利益となり経営改善の資金となる。これを「美しい利益」と言う。

 ※ささやま・しげる=横浜国大卒。観光設計勤務を経て、2001年8月佐々山建築設計設立、社長。一級建築士、一級造園施工管理技士。国際観光施設協会理事など兼務。66歳、東京都出身。

170318c

関連する記事

9月11日に首相官邸で第1回目の「人生100年時代構想会議」が開催された。この構想会議は安倍政権の新しい重要課題である「人づくり革命」の推進組織である。政府は人づくり革命…

続きを読む

観光立国と唱えたからには、是が非でも訪日外国人観光客はもちろんのこと、日本人の国内旅行も力を入れなければならないだろう。 日本の祝祭日は現在16日間、世界で最も多い日数…

続きを読む

ここまで、高速バス市場の「本丸」である、「地方の人の都市への足」市場(第一の市場)と、規制緩和後に急成長した「大都市どうしを結ぶ市場」(第二の市場)について、今後に必要な…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?