【竹内美樹の口福のおすそわけ186】スペアリブ! 竹内美樹

  • 2017年7月13日

ビーフリブ

 米国ロサンゼルス郡サンタモニカで、R+Dキッチンというレストランに行った。海の見える場所でシーフードというイメージの土地柄なのに、ダウンタウンにある同店を訪れたのは、看板料理のクリスピー・チキン・サンドをどうしても食べてみたかったから。人気店だが予約を受けていないため並ぶ覚悟で行ってみると、カウンターならOKと言われ助かったが、その後、入り口付近は大混雑。何とその中には、「シュワちゃん」ことアーノルド・シュワルツェネッガーの姿も! きっとおいしい店に違いないと、すっかりハイテンションに。

 チキン・サンドは確かに驚くほどクリスピーで、野菜タップリ、自家製パンもふわっふわ。なるほど、超人気メニューなのだとナットク。だがそれよりも筆者が感動した料理は、バーベキュー・ビーフ・リブだ。

 リブとは英語で肋骨・あばら骨を指す。つまりは骨付きあばら肉ということ。肩ロースとサーロインに挟まれた、リブロースという部位とは別物である。専門店がチェーン展開しているため、日本では牛より豚の方がポピュラーだ。現在世界33カ国約200店を展開するトニーローマが1979年日本初上陸、それに先んじてホテルニューオータニ内トレーダーヴィックスが1974年に出店、スペアリブの普及に一役買った。

 豚肉の場合、「スペアリブ」と「ベイビー・バックリブ」という呼称がある。前者はお腹に近いバラ側の部位、後者は背中に近いロース側の部位で、スペアリブより小さいからベイビーと呼ばれるそうだ。

 ちなみに、沖縄のソーキそばの「ソーキ」とは、スペアリブのこと。硬い骨付きの物を本ソーキ、軟骨だけの物を軟骨ソーキと呼ぶ。中国では「排骨(パーコー)」と呼ばれ、揚げて麺に載せた排骨麺や、飲茶メニューの豆鼓蒸しなどがある。骨付きだと骨から出るダシで旨味が出るし、なんたって骨ぎわの肉がウマイ。

 話を戻そう。R+Dキッチンのビーフ・リブは、フォークで触れば骨からホロリと肉が外れるぐらい、ナイフのいらない軟らかさ。添えられたマスタードベースのカロライナ・バーベキュー・ソースも絶品、文句なしの一皿であった。シュワちゃんも並ぶワケだ。

 牛豚を問わず、骨付きあばら肉をメニューで発見すると注文せずにはいられない筆者、スペアリブには思い入れがある。何を隠そう、我が家のお袋の味の一つなのだ。帰国子女の母がいたアメリカでは、各家庭の味付けがあったという。

 母のレシピはアバウトで毎回味が違うが、玉葱とレモンの輪切りを入れたバーベキューソースで肉を和え、オーブンで焼く方法。焦げ目のついたレモンの酸味とほろ苦さが甘めのソースを引き立て、我が母ながら天晴れな美味。

 手の汚れも気にせず、骨を掴んでワシワシといただくのが、スペアリブの醍醐味。あぁ、書いてたら食べたくなっちゃった! 次は筆者自身の、圧力鍋で煮るレシピで作るとするか。

 ※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。

クリスピー・チキン・サンド

沖縄の本ソーキの煮物

バーベキュー・ビーフ・リブ

 

関連する記事

全国各地の自治体の首長さんや議会の人たち、有力者の方々が日体大を訪問して下さる。地域社会の活性化のためにわらをもつかむ心境であられる。日体大が網走市で高等支援学校を開校し…

続きを読む

読者の皆さんは税金に対してどんな思いがあるだろうか。「高い」「できれば払いたくない」など、ネガティブな思い(イメージ)しかないかもしれない。ただ、必要な税金をわれわれが納…

続きを読む

ある居酒屋に会社名で団体宴会の予約をした時のこと。当日、ズラリと並べられたビール瓶には、会社の社屋をコピーしたラベルが貼り付けてあった。その場にいたメンバーからは「オーッ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?