【竹内美樹の口福のおすそわけ175】バンコクで朝定食 竹内美樹

  • 2017年4月20日

 旅先では、何かと忙しい。プーケットからバンコクへ飛び、その夜にはウイリアム・リード社が手掛けるグルメランキング「Asias’ 50 Best Restaurants」で1位を獲得したことのあるレストラン「ナーム」へ。なるほど、イマドキのタイキュイジーヌってこうなのねと洗練された味に舌鼓を打ち、翌日はタイ宮廷料理店のランチで、芸術作品のように美しく盛り付けられた前菜に感動。お次はCNNインターナショナルの「世界で最も美味な料理ランキング50」で1位に選出され話題になった、「マッサマン・カレー」を食し、ジャガイモがゴロゴロ入った意外にも日本的なその味に驚き、別のタイ料理店ではソフトシェルクラブのイエローカレーのおいしさを堪能。さらには専門店にフカヒレを食べに行き…と、忙しいって、食べてばっかりじゃない!と自分にツッコミを入れたくなってしまう。

 香辛料を多用した料理と食べ過ぎで、いささか胃が疲れてきた最終日の朝、宿泊先の「ザ・オークラ・プレステージ・バンコク」の「山里」で和朝食をいただくことに。着物の女性が出迎えてくれると、それだけでも何だかホッとする。

 スタイリッシュなデザインの店内には、テーブル席の他、鉄板焼と寿司のカウンターがあり、寿司に使う鮮魚は何と築地から仕入れているのだと、長谷部昌也副総支配人から伺った。

 朝食のセットメニューは、鮭か鯖、白飯かお粥か炊き込みご飯から選べる。筆者は鯖とお粥をチョイス。お盆に載せて運ばれて来たのは、カボチャや飛竜頭(ひりょうず)などの炊き合わせ、温泉玉子、焼き蒲鉾に山葵漬けと酢蓮が添えられた焼き鯖、お粥、ご飯のお供のひじきの煮物と香の物、お味噌汁という充実した内容。

 焼き立て熱々の鯖は脂が乗っており、皮はパリッと中はジューシー。あぁ、日本人に生まれて良かったと思う。前日、朝食ブッフェでいただいた、目の前で調理してくれるオムレツもおいしかったけど、お出汁で食す温泉玉子も甲乙つけ難い。飛竜頭は、噛んだ瞬間口の中にじゅわっと出汁が広がり、超美味。

 特筆すべきは、お粥だ。うれしいことに、べっこう餡が添えられている。大きな丼からお茶碗に取り分けられるようになっているから、一気に餡をかけずに済むので、お粥の楽しみ方も増すというもの。

 まずは、白いお粥をひと口。お米自体の旨味が、舌と心に染み渡る。今度はべっこう餡を少々かけて。とろみのついた甘辛い餡とお粥のハーモニー、文句なしにウマイ。

 二膳目は、焼き鯖をパクリ、白粥をパクリ。これぞ、日本人特有の食文化「口中調味」の醍醐味だ。ご飯とおかずを口の中で咀嚼しながら、新たな味を生む口中調味で、鯖の塩味とお粥の甘味がより複雑な味わいを醸し出す。

 海外に居ながら、完成度の高い和朝食をいただける口福。それを提供する調理場では、きっとさまざまなご苦労があるだろう。萩原繁シェフ、ご馳走様でした!

 ※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。


関連する記事

20年前ほど前から、ツーリズム産業の関係者らがぼんやりと描き続けてきた旅行の未来像――着地型旅行商品が充実し、宿泊施設のあり方も多様化し、それらをウェブ上で旅行者自らが「…

続きを読む

ここ最近、禁煙部屋を作る(あるいは増室する)という相談が多いので、今号では禁煙・喫煙について一度考えてみたいと思う。ホテルにおいては、今や禁煙・喫煙が部屋ごとで分けられて…

続きを読む

この夏、レモンサワーがムチャクチャ流行った。メニューに加える飲食店が一気に増え、ついにレモンサワー専門店まで登場した。レモンサワー発祥の地と言われる中目黒では、今月「レモ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?