【私の視点 観光羅針盤108】只見線の全面復旧 清水慎一

  • 2017年7月16日

 7月1日、福島県金山町で「只見線の新しい歴史を創る」シンポジウムが開催された。2011年夏の集中豪雨により一部区間運休が続いている只見線に関しては、これまでもシンポジウムが何回も開催されてきたが、今回ほど熱気に包まれた集会はなかった。

 というのも、不通になっている会津川口・只見間について6月19日にJR東日本と福島県との間で、JR初となる「上下分離」による鉄道の復旧が正式に決定したばかりだからだ。早ければ来年度着工して、21年には運行再開になるという。

 この決定により、鉄道による全面復旧を要望してきた福島県や奥会津の地元は、6年目にしてようやく復興の仕上げに入ることができた。が、同時にいばらの道も覚悟することになった。復旧工事費は81億円と想定され、3分の2は地元負担になるからだ。

 それだけではなく、只見線全体の1日1キロ当たり平均輸送人員は370人(10年度)、不通区間ではわずか49人しかいないために、復旧後でも鉄道施設や土地を保有する福島県など地元自治体には相当の財政負担が生じると予想されるからだ。

 それでも、福島県知事や地元自治体、住民の鉄道復旧に対する信念は、全く揺るがなかった。鉄道が地域づくりにおける要になると確信していたからだ。だから、さまざまな機会を通して、只見線への愛着とマイレール意識の高揚に努め、存続活動につなげてきた。

 シンポジウムにパネラーとして参加した加藤夕子さんもその1人だ。4年前に金山町に里帰りした彼女は、「只見線つなぎ隊」を結成し、補助金に頼ることなくすべて自前で土産品開発、展示SLの整備、会津中川駅でのイベントなどに取り組んできた。

 しかし、パネラーの津軽鉄道社長の澤田長二郎さんからは、冷静な意見が出された。「これまでの熱意には敬意を表するが、やっとスタートラインだ。乗客が減少一途の津軽鉄道では、ストーブ列車など毎日何か仕掛けている。そうしないと、地域から見放される」と。

 また、パネラーの元山形鉄道社長野村浩志さんからは「上下分離の上と下の間に、旅行代理店、広告代理店、総合商社機能を持つ中間支援組織をつくるべきだ。(D)どんと(M)儲けよう(O)奥会津だ」というダジャレを交えた具体的な提案もあった。

 これに対して、地元代表の加藤さんからは「復旧が決まったので、今後はただの応援団ではなく、只見線を核として地域全体を盛り上げる事業体をつくりたい」という決意が披歴された。まさに、只見線の新たなページに踏み込んだ歴史的なシンポジウムだった。

 これまで鉄道存続を訴え、シンポジウムのコーディネーターを務めた筆者としても、全面復旧が奥会津の豊かな地域づくりにつながるように引き続き関わるつもりである。それは只見線の帰すうが廃線の危機にある北海道などの鉄道のあり方を左右すると考えるからだ。

(大正大学地域構想研究所教授)

関連する記事

全国各地の自治体の首長さんや議会の人たち、有力者の方々が日体大を訪問して下さる。地域社会の活性化のためにわらをもつかむ心境であられる。日体大が網走市で高等支援学校を開校し…

続きを読む

読者の皆さんは税金に対してどんな思いがあるだろうか。「高い」「できれば払いたくない」など、ネガティブな思い(イメージ)しかないかもしれない。ただ、必要な税金をわれわれが納…

続きを読む

ある居酒屋に会社名で団体宴会の予約をした時のこと。当日、ズラリと並べられたビール瓶には、会社の社屋をコピーしたラベルが貼り付けてあった。その場にいたメンバーからは「オーッ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?