【岐路 バスと観光新たな関係31】高速ツアーバス誕生から終焉まで1 成定竜一

  • 2017年2月4日

 先週ご紹介した、東京と大阪を結ぶ夜行バス商品。これが後に高速ツアーバスと呼ばれることになる。
 この商品の主催会社(旅行業法改正後は企画実施会社)であるオリオンツアーは、大都市発のスキーツアーを得意とする中堅旅行会社(ホールセラー)である。

 当時、貸し切りバスの閑散期に当たる冬場は、運賃(チャーター代)が低下する傾向にあった。そこで、それらを安く手配し、東京や大阪から長野県などのスキー場に直行するバスツアーを多く設定していたのだ。

 往復のバスに宿泊やリフト券をセットにして、旅行者にはパッケージツアーとして販売される主催旅行(法改正後は募集型企画旅行)である。だが、オペレーションから見ると、温泉などへの通常のバスツアーと少し異なる点がある。

 通常のツアーであれば出発から帰着まで1台のバスで案内するが、スキーツアーの場合、滞在期間が人によりバラバラなので、バスそのものは毎日、発地とスキー場の間を往復し、希望の旅程に合わせて座席を手配するという方法をとることが多い。また、スキー場関係者らの移動ニーズに応えるため、バス単品の商品も設定される。これらを総称して、一般に「スキーバス」と呼ばれる。

 ところが、レジャーの多様化により、スキー人口は(スノーボードを合わせても)減少し、この頃にはピーク(1993年。年間1860万人)の約半分まで落ち込んでいたと言われる。

 また、高速道路の延伸やRV車普及などにより、スキー場まで自家用車で向かう例も増えた。オリオンツアーをはじめとするスキーツアー各社の売り上げは低下していた。

 一方、2001年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンと東京ディズニーシーが相次いで開業した。スキーツアー各社は、生き残りをかけてテーマパークへの直行バス商品を企画し始めた。それらの商品が、後にバス業界で大きな論争になることなど、当時の彼らは少しも想像していなかった。

 (高速バスマーケティング研究所代表)

170204b

関連する記事

先日、共同通信の配信記事で、私が選ぶ温泉番組特集が組まれました。温泉を紹介することをなりわいにして20年が経ちましたので、経験も踏まえてコメントしました。いい機会だったの…

続きを読む

小学生の頃、毎年の学芸会が楽しみだった。学区内の老人会や婦人会の人たちも、朝早くから講堂に弁当持参で満員の盛況。私たちは練習してきた劇を、俳優よろしく演じた。主役は無理だ…

続きを読む

2018年度税制改正で、中小企業の事業承継をスムーズにする大幅な改正がなされそうだ。後継者不足に悩む中小企業の事業承継に一役買いそうである。 そもそも、中小企業の事業承…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?