【岐路 バスと観光新たな関係22】高速バスとは何か① 成定竜一

  • 2016年11月19日

 本連載の開始から先週(11月12日付)まで、貸し切りバスの安全対策や業界事情を解説してきた。今号からは筆者の専門分野である高速バスについて、業界の歴史や概要をご説明した上で、今後の観光産業に資する点について考察する。

 皆さまは「高速バス」にどんな印象をお持ちだろうか。「お金のない学生が倹約のため利用する」「一晩中バスに乗るのは体力的に厳しい」というネガティブなイメージが多いだろう。最近は、ほぼ個室になるような超豪華バスも登場し、メディアで紹介されることも多いので「最近は豪華らしいね」という反応をいただくことも増えたが、マイナー感は拭えない。

 実態はどうだろうか。わが国の高速バスの年間輸送人員は約1億2千万人。航空の国内線合計が約9千万人であるから、輸送人員ベースでは鉄道に次ぐ、堂々第2の幹線輸送モードである。また、多くの方が思い描く「夜行」のイメージとは裏腹に、毎日1万便以上が運行される高速バスのうち、夜行便は1割程度に過ぎない。

 ボリュームが大きいのは、所要時間が1~3時間程度の区間を、30分間隔など高頻度で運行される昼行の高速バスである。多くの人のイメージと実態は大きく異なる。それはなぜだろう。

 高速道路を走行していると、本線の脇に高速バスの停留所が設置されている。

 渋滞ポイントとして有名になってしまった「元八王子(東京都)」や「綾瀬(神奈川県)」といった都市周辺はともかく、地方部では山の中や一面の田畑の中にあるケースも多く、いったい誰が利用するのかと不思議に感じたことはないだろうか。

 今年4月に開業した、新しい新宿高速バスターミナル(愛称「バスタ新宿」)や、東京駅、大阪梅田、福岡天神などの高速バスターミナルを、特に夕方、のぞいてみてもらいたい。

 聞いたことのない小さな街々に向け高速バスが続々と発車する。「これほど多くの人たちが、この時間から、いったい何のためにこれらの街に出かけるのだろう」と感じるはずだ。

 高速バスには不思議な点がたくさんある。

 (高速バスマーケティング研究所代表)

161119d

関連する記事

20年前ほど前から、ツーリズム産業の関係者らがぼんやりと描き続けてきた旅行の未来像――着地型旅行商品が充実し、宿泊施設のあり方も多様化し、それらをウェブ上で旅行者自らが「…

続きを読む

ここ最近、禁煙部屋を作る(あるいは増室する)という相談が多いので、今号では禁煙・喫煙について一度考えてみたいと思う。ホテルにおいては、今や禁煙・喫煙が部屋ごとで分けられて…

続きを読む

この夏、レモンサワーがムチャクチャ流行った。メニューに加える飲食店が一気に増え、ついにレモンサワー専門店まで登場した。レモンサワー発祥の地と言われる中目黒では、今月「レモ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?