【人事】MGMリゾーツ・インターナショナルの日本法人新社長に、元在日米国大使館臨時代理大使のジェイソン・P・ハイランドが氏が就任

  • 2017年8月13日

ジェイソン・P・ハイランド氏・合同会社 日本MGM リゾーツ代表執行役員 兼 社長

 MGMリゾーツ・インターナショナルは7日、日本法人新社長に元在日米国大使館臨時代理大使のジェイソン・P・ハイランドが氏が就任したと発表した。

 MGMリゾーツ・インターナショナル(NYSE:MGM、会長兼CEO:ジェームス・ムーレン、以下MGMリゾーツ)は、日本型リゾートの実現に向けて国内の体制を強化します。人員面においては、在日米国大使館臨時代理大使を務めたジェイソン・P・ハイランドを、本日、合同会社 日本MGMリゾーツの代表執行役員 兼 社長に任命しました。さらに、アメリカ本社より開発専任のスタッフを常駐させ、日米合わせて十数名の体制で活動を推進していきます。

 施設面においては、人員の拡大に伴い、港区赤坂にあった日本MGMリゾーツのオフィスを千代田区大手町に移し、9月1日に新オフィスを開設します。MGMリゾーツは、2014年に東京と大阪でそれぞれ法人を設立しており、以来、政府や業界関係者、民間企業へのIRに関する情報提供や、関係構築、国内市場に関する様々な情報収集を行っています。MGMリゾーツは、今後、大阪においても新オフィスを開設する予定です。

 発表に際し、MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長 兼 CEOは以下のようにコメントしています。「この度、上級外交官として、日本はもとより世界で豊富な経験と実績を持つジェイソン・P・ハイランドをチームに迎えることができ、とても心強く、嬉しく思います。彼の日本文化に対する深い造詣、これまで培ってきたリーダーシップと交渉力、人的ネットワーク、そして堪能な日本語力が、私たちの活動の中で大きな力になると確信しています。」

 「大手のIR運営会社として、東京のビジネスの中心地に新しいオフィスを構え、チーム拡大することは、私たちの強いコミットメントと決意の証です。当社は、このオフィスを拠点として、日本らしいリゾートを実現させるため、チームと力を合わせ邁進して参ります。」と、日本MGMリゾーツのエド・バワーズ代表執行役員 兼 CEOもコメントしています。

 ハイランドは、17年間アジアに在住し、うち14年間は日本(東京、札幌、福岡、大阪)に居を構え、各地を訪問しています。在日米国大使館首席公使および臨時代理大使として700人以上もの従業員と、5つの領事館、1つの語学学校を統括しながら、政治や経済、学術分野の幹部担当者と日々連携しました。米国大使館での任期中には、米国の主要7カ国首脳会議(G7)への参加、バラク・オバマ前米国大統領の歴史的な広島訪問や「日米防衛協力のための指針」改訂を監督しました。日米間のビジネス提携の強力な支援者でもあり、在日米国商工会議所、日本経済団体連合会、経済同友会、日米経済協議会、観光庁などの組織と密接に連携しました。ハイランドは、国際観光がもたらす多大な利点を信じ、ツーリズムEXPOジャパン2016の米国パビリオン出展を含むさまざまな観光関連の業務にも携わりました。また、サイバーセキュリティ、イノベーション、貿易政策の分野にも精通しています。

 ハイランドの外交問題の基礎は、フレッチャー法律外交大学院、米国国防大学、カリフォルニア州立大学バークレー校、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターでの修学や、東京大学での外国人客員研究員として働いた経験から培われています。米国国務省から優秀名誉賞、功績名誉賞、派遣任務賞およびシンクレア語学賞などを受賞しています。

 

ジェイソン・P・ハイランド
合同会社 日本MGM リゾーツ
代表執行役員 兼 社長

MGM リゾーツ・インターナショナルについて
 MGMリゾーツ・インターナショナル(NYSE: MGM)は、世界のエンターテインメント企業として、米国および海外において、最上級のホテルにカジノ、最先端の会議施設、ライブや演劇の素晴らしい体験、バラエティ豊富なレストランにナイトライフ、ショッピングを実現しています。そして、ラスベガスを彷彿させるブランドを通して、引き込まれるような象徴的な体験を創出しています。 MGMリゾーツのポートフォリオには、27に個性的なホテルが含まれており、中でも数ブランドは業界で最も有名なブランドとなっています。現在、米国国内と世界で事業を拡大しており、マサチューセッツ州でMGMスプリングフィールドを、マカオではMGMコタイを開発しています。上海では海外初となるベラージオ・ブランドのホテルを誕生させるべく取り組んでいます。MGMリゾーツの77,000人の社員は、米経済誌のフォーチュンより、世界で最も賞賛される企業の1社として認められたことに誇りを持っています。
詳細は、www.mgmresorts.com 、www.mgmresorts.co.jp をご参照ください。

合同会社 日本MGM リゾーツについて
 日本MGMリゾーツは、日本の統合型リゾート市場の参入を目指し、MGMリゾーツ・インターナショナルが日本法人として2014年12 月に設立した会社です。MGMリゾーツは大阪においても同時期に合同会社日本MGMリゾーツ西日本を設立しており、両拠点をベースに社員が兼任する形で活動しています。


関連キーワード

関連する記事

日本旅館協会北海道支部連合会は10日、会員旅館を対象に毎月実施している宿泊実績調査の今年7月分の結果をまとめた=表。前年同月の実績に対し宿泊人員はほぼ前年並み、売り上げは…

続きを読む

阪急阪神第一ホテルグループは、首都圏5ホテルのレストランで「宮城&山形フェア」を行う。 株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪市北区 代表取締役社長:藤本 和秀)では、阪…

続きを読む

THE JUNEI HOTEL 京都 御所西は、舞妓さんとのお茶屋遊びを客室で 体験できるオプションメニューの予約販売を始めた。予約後のキャンセル料は100%という。 …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?