【人事】ガルーダ・インドネシア航空、 新社長に パハラ・ヌグラハ・マンスリ氏

  • 2017年4月17日

 ガルーダ・インドネシア航空は、社長交代を含む役員人事を発表した。同社が公開した人事は以下の通り。

 ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア)は、2017年4月12日(水)にジャカルタ本社にて株主総会を開催し、社長兼最高経営責任者 M.アリフ・ウィボウォの退任、および新代表取締役社長 パハラ・ヌグラハ・マンスリの就任および役員選任議案が承認されました。

【総会後の役員一覧】
1. Pahala Nugraha Mansury (Chief Executive Officer)
2. Helmi imam Satriyono  (Director of Finance and Risk Management)
3. Nicodemus P. Lampe   (Director of Services)
4. Puji Nur Handayani   (Director of Production)
5. Nina Sulistyowati   (Director of Marketing and Information Technology)
6. Linggarsari Suharso  (Director of Human Resources and General)
7. Sigit Muhartono    (Director of Cargo)

 ガルーダ・インドネシア航空は、今後も2020年までの成長戦略プログラム“スカイ・ビヨンド”に基づき、インドネシアの心温まるおもてなしと、多様で豊富な文化に基づいたサービス・コンセプト“ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス”を通じて、更なるサービス向上とお客様に快適な空の旅をご提供できるよう努めてまいります。

■ガルーダ・インドネシア航空会社について
インドネシア共和国を代表する航空会社。会社設立1949年。日本への運航開始は1962年3月。2016年12月時点での保有機体数は197機、平均機体年齢は4.6年。インドネシアの文化や伝統をベースとした、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」がサービスコンセプト。日本発着便には日本人客室乗務員が乗務し、快適な空の旅の提供に努めている。2014年、スカイチームに加盟。スカイトラックス社(英国の格付け会社)による「The World Airline Awards」では、2年連続で「5スターエアライン」認定(2015・2016年)と「The World’s Best Airline Cabin Crew」(2014・2015・2016年)を3年連続で受賞している。


関連キーワード

関連する記事

帝国データバンクはこのほど、昨年4月に発生した熊本地震後の被災地企業の景況感の変化と倒産動向調査を行った。地震直後の景況感は大きく悪化したものの、その後急速に回復。金融機…

続きを読む

和食検定を主催する日本ホテル教育センターは、イタリア・ミラノ市インテルタムコーポレーション(INTERTAMCORPORATIONSas、玉田文明社長)と業務提携し、…

続きを読む

世界中の旅行者からトリップアドバイザーに投稿された口コミ数が5億件に達した。同社が21日に発表した詳細は以下の通り。 旅の計画から予約までをサポートする世界最大の旅行サ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?