【データ】北海道の2016年度上期観光入り込み客数

  • 2017年4月19日

外国人は10%増加

 北海道経済部観光局によると、平成28年度上期(4~9月)の道への観光入り込み客数(実人数)は3576万人で、前年同期比0・7%減と微減だった。3月26日に開業した北海道新幹線の効果で函館など道南地域が大幅増も、8~9月にかけて発生した台風などの影響で、他の地域は減少した。(既報)

 圏域別観光入り込み客数(延べ人数)は、道南が前年同期比16・2%増加。3月の新幹線開業に加え、7~9月の「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の開催、1、3月の木古内町と鹿部町の「道の駅」のオープンなどが増加を後押しした。

 訪日外国人来道者数(実人数)は99万4300人で、同10・0%増加した。

 国・地域別では、台湾が24万8900人、中国が20万3400人、韓国が20万3200人など。

 訪日外国人来道者の宿泊延べ数は253万人泊で、前年同期から横ばいだった。

 


関連キーワード

関連する記事

桜をテーマに東北の復興、観光振興をPRするイベント「『美しき桜心の物語』の語り会」が15日、山形県上山市の日本の宿古窯で開かれ、約400人の参加者が桜を題材にした物語を楽…

続きを読む

贈答品文化の振興を目指して贈られる「日本ギフト大賞2017」の表彰式が13日、東京都内であり、日本のギフトを代表する「ふるさとギフト最高賞」に宮崎県の「宮崎キャビア198…

続きを読む

JTBパブリッシングは21日、甲府市、甲府市観光協会と「観光地域づくりに関する包括連携協定」を締結したと発表した。発表内容の詳細は次の通り。 JTBグループで旅行関連情…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?