【データ】マクロミル、GWの過ごし方調査

  • 2017年4月20日

「外出する」は83%、国内宿泊旅行は22%

 インターネットリサーチ事業を展開するマクロミルはこのほど、今年のゴールデンウイーク(GW)に関する調査結果を発表した。これによると、GWと前後の最大連休日数は平均5連休だった。理想の連休日数については、半数以上が9連休を理想としたが、次いで5連休を理想とした人が多かったことなどから、平均では7連休だった。

 調査は3月27、28日にインターネットリサーチの方式で実施。全国の20~59歳の公務員、経営者・役員、会社員1千人の回答を集めた。回答者の属性のうち在住地域は、関東が37・6%、中部が17・3%、近畿が17・9%、九州が8・9%、東北が6・2%、中国が4・8%、北海道が4・6%、四国が2・7%。

 GWのどの日に休暇を取るかについては、前半の4月29、30日に取得する人が7割を超えた。後半の5月3~7日についても6日を除いては7割超となった。このほか一般的なGWとはずらして5月13、14日に休む人が3~4割いた。また未定の人は13・9%だった。

 GWの外出については、83・0%が「外出する」と答えた。外出すると答えた人のうち最も多かったのは、「日帰りレジャー」「近所のお出かけ」でいずれも39・1%。以下「国内旅行(1泊以上)」が22・0%、「帰省」が15・6%で続いた。

 「外出しない」と答えた人に外出しない理由を尋ねたところ、「混雑が苦手だから」と答えた人が63・9%で、最も多かった。2位は「疲れた体を休めたいから」で48・6%、3位は「金欠で節約が必要だから」で25・7%だった。

 最大9日間の休みが取れ、金銭的にも余裕があったと仮定した場合の理想の過ごし方については、最も多い46・8%の人が1泊以上の国内旅行と答えた。2位以下は「海外旅行」が31・9%、日帰りレジャーが21・5%。連休が取れたとしても外出をしないという人は11・3%だった。

 GW中の予算についてたずねると、「1万円未満」と答えた人が34・1%で最も多く、以下、「1万~3万円未満」が32・3%、「3万~5万円未満」が16・6%で続いた。


関連キーワード

関連する記事

トリップアドバイザーは18日、、「旅好きが選ぶ!日本の神社仏閣ランキング2017」を発表した。詳細は以下の通り。 旅の予約から計画までをサポートする世界最大の旅行サ…

続きを読む

国際的なマーケティング情報サービス企業のJ.D. パワー(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は10日、中国のクレジットカード満足度調査の結果を発表した。顧客満足度トッ…

続きを読む

合法民泊コンサルティングのくるみんぱくは、民泊運用代行会社を利用する不動産オーナーと民泊ホストを対象に「民泊運用代行会社の満足度調査」をインターネット(http://ch…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?