【シニアマイスター経営の知恵35】金融機関における事業性評価 千葉芳明

  • 2017年4月19日

 ここ数年の金融機関におけるキーワードが「事業性評価」。額面通りに受け取れば、ビジネスモデルを評価することだが、評価と言う言葉が分析や価値算定にもとれることから、その解釈が難しい。

 金融庁の定義によれば「取引先の事業内容や成長可能性を適切に評価する」とある。金融機関においては過去の決算書などによる財務分析は得意だが、将来性の予測や成長性を判断する「目利き」は得意としない。

 昔は銀行員が社長さんの良き相談相手であり、事業内容を深く理解し、良いアドバイスができたと言う話は先輩から聞くところだ。不良債権処理やスコアリング審査などのマニュアル化の流れの中で、社長さんとの対話の機会が少しずつ損なわれてきた結果、目利きもできなくなってきた。

 金融行政方針の転換から金融庁の検査において、資産査定は行われない。検査が入るとなると、取引先にいって試算表や資金繰り表、パンフレット、製品サンプルまで説明に必要な資料を山ほど用意し、検査の当日、ダンボール箱に入れた資料を幾つも持ち込んで説明に臨んだものだ。

 自分の担当先が「分類」されたら大変なことで、いくつもの報告書を書かなければならない。そういった意味で良くも悪くも金融検査は取引先の事業内容や財務内容の総点検という意味で機能していた。

 現在の金融検査においてはいかに企業の成長を促す取り組みをしているかが評価されるようになった。金融機関は事業性評価という手法を活用し、取引先の成長を促すビジネスモデルの構築を進めている。

 まずは失われた目利き能力を取り戻すべく社長さんとの対話を試みている。事業内容を聞き取りSWOT分析や3C分析などを行い、経営課題を洗い出し、その課題解決手法を提案し、企業の成長を促すといった取り組みだ。金融機関が企業を成長させることが自らを成長させることを認識した結果である。

 企業の成長を促す事業性評価の取り組みは今後加速度的に広がっていく。これまで天気の話しかしなかった銀行員が突然「御社の強みはなんですか」などと聞くかもしれない。その対話が金融機関と企業が貸し手と借り手だけの関係から、ウィン・ウィンの関係となり、共に成長する機会となるはずである。

(NPO・シニアマイスターネットワーク会員、千葉芳明)

関連する記事

旅館・ホテルの黒字化を図るにあたって、最も苦労するのが中規模(40~80室)である。立地に恵まれていたり、社長や女将、番頭役が卓越した商才を持っていたりすれば高収益化も不…

続きを読む

今回は、日本版DMOにおける合意形成について述べたい。観光庁の登録要件の第1番目に書いてあるように、DMOの最も重要な役割は観光地域づくりを行うことについて、多様な関係者…

続きを読む

11月6日に観光庁・宿泊業の生産性向上推進事業のつづきとして国際観光施設協会と日本旅館協会の共催で、観光庁の後援を受けて表題のシンポジウムを大手町で開催した。120名ほど…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?