【このひと】清水芳裕氏 日本旅行協定旅館ホテル連盟専務理事

  • 2017年5月17日

清水芳裕氏

 ◎…10年間専務理事を務めた深澤順一氏からバトンを受け、この4月1日に就任。「ネットの台頭やインバウンドの急増など、近年、時代が急速に変化している。会員が旅連に求めるものも今までとは大きく変わってきている。旅連という組織の存在価値を改めて明確にし、会員の皆さまといい関係をつくっていかなければならない」。

 ◎…1986年日本旅行に入社。千葉支店で法人営業を担当した後、本社広報室、国内の販促部門、仕入部門とほぼ国内畑を歩み、その後は北海道仕入販売センター所長、国内仕入担当部長、秘書室長を経て現職に。販促部門では地域キャンペーンや自治体との連携事業、北海道時代は日旅連やNic(日本旅行協定クーポン店会)が一体となった誘客組織「北海道赤い風船会」の設立に尽力した。

 ◎…印象深い出来事の一つに2005年、日本旅行と日旅連が協働で行った中国・上海でのインバウンド誘致事業を挙げる。日旅連会員ら千人規模で現地エージェントとの商談会やセミナー、市民へのPR事業を行った。しかし当時は中国国民の反日活動が活発化。事業も半年間の延期を余儀なくされた。慣れない異国との調整作業に神経をすり減らしたという。

 ◎…千葉支店時代はバブル突入期で、成田空港に近い土地柄もあり、企業の海外慰安旅行も活発。週末はソウルや香港へ連続で添乗、という時期があった。「ハードだったが楽しく、お客さまとのいい関係を築く勉強をさせてもらった」。支店での貴重な経験が今の立場の礎を築いている。

 ◎…千葉県印西市で家族4人暮らし。休日は急速に開発が進み、変わりゆく近隣の散策を楽しんでいる。「出張は多かったが、各地をゆっくり見て回る機会があまりなかった。これから改めて各地の良さを感じる時間を作りたい」。
 

関連する記事

地産地消の味の宿 第931回よその旅館ホテル ──宿の一番の売りは。 「地産地消の会席料理です。地元・近江で取れた旬の食材にこだわっています。琵琶湖特産のセタシジミを使…

続きを読む

観光客数・消費額の把握をデータの活用で解を導く ──ビッグデータをいかに捉えるべきか。 「私は土木工学の出身で、人のパターンを分析して、どこにどんな交通インフラが必要…

続きを読む

全館改装で10室限定に 第930回よその旅館ホテル ──改装オープンしたそうですね。 「『迎帆楼』を全館改築し、新たに『灯屋迎帆楼』として今年7月にオープンしました…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?