【このひと】清水芳裕氏 日本旅行協定旅館ホテル連盟専務理事

  • 2017年5月17日

清水芳裕氏

 ◎…10年間専務理事を務めた深澤順一氏からバトンを受け、この4月1日に就任。「ネットの台頭やインバウンドの急増など、近年、時代が急速に変化している。会員が旅連に求めるものも今までとは大きく変わってきている。旅連という組織の存在価値を改めて明確にし、会員の皆さまといい関係をつくっていかなければならない」。

 ◎…1986年日本旅行に入社。千葉支店で法人営業を担当した後、本社広報室、国内の販促部門、仕入部門とほぼ国内畑を歩み、その後は北海道仕入販売センター所長、国内仕入担当部長、秘書室長を経て現職に。販促部門では地域キャンペーンや自治体との連携事業、北海道時代は日旅連やNic(日本旅行協定クーポン店会)が一体となった誘客組織「北海道赤い風船会」の設立に尽力した。

 ◎…印象深い出来事の一つに2005年、日本旅行と日旅連が協働で行った中国・上海でのインバウンド誘致事業を挙げる。日旅連会員ら千人規模で現地エージェントとの商談会やセミナー、市民へのPR事業を行った。しかし当時は中国国民の反日活動が活発化。事業も半年間の延期を余儀なくされた。慣れない異国との調整作業に神経をすり減らしたという。

 ◎…千葉支店時代はバブル突入期で、成田空港に近い土地柄もあり、企業の海外慰安旅行も活発。週末はソウルや香港へ連続で添乗、という時期があった。「ハードだったが楽しく、お客さまとのいい関係を築く勉強をさせてもらった」。支店での貴重な経験が今の立場の礎を築いている。

 ◎…千葉県印西市で家族4人暮らし。休日は急速に開発が進み、変わりゆく近隣の散策を楽しんでいる。「出張は多かったが、各地をゆっくり見て回る機会があまりなかった。これから改めて各地の良さを感じる時間を作りたい」。
 

関連する記事

海水浴客やダイビング客に人気 第923回よその旅館ホテル ──宿の特徴は。 「富士山も望める素晴らしい景色と海の自然の恵みを生かして商売しています。富士山はどの部屋からでも…

続きを読む

外国人登用で人材確保人材不足解消の一助を ──公益財団法人国際人財開発機構はどういう組織か。 「そもそもの歴史は長く、多彩な人財が参加し、また支援してきた財団だ。19…

続きを読む

人気の「たこ釜飯定食」 第922回よその旅館ホテル ──「山陽路随一の温泉、味自慢の宿」とあります。 「山あいの静かな環境にある温泉地です。昔から湯田、湯本、俵山、川棚…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?