【こだわりの宿特集】十八楼(岐阜県・長良川温泉)

  • 2017年9月13日

旧家の蔵を再利用した「蔵の湯」

創業150年以上の老舗

 
 鵜飼で有名な岐阜長良川温泉。十八楼(伊藤善男社長)は長良川の河畔に建ち、鵜飼と温泉を楽しむ宿泊客でにぎわいを見せている。

 創業は江戸時代末期の万延元年(1860)。屋号は松尾芭蕉が岐阜来遊時に夏の鵜飼の様子を詠んだ「十八楼の記」にちなむ。150年以上の伝統を誇る老舗旅館で、伊藤社長は8代目に当たる。

 十八楼は、老舗の伝統を守りつつ、新たな時代を迎えるに当たり、創業150年記念事業の一環として2012年、旧家の蔵を再利用した「蔵の湯」、13年5月には、蔵の湯と露天風呂、展望内風呂を備えた「お湯処 川の瀬」をオープンした。

 10年から宿泊客限定で毎日開催している「川原町散策ミニツアー」は、宿周辺の古い町並みと相まって、束の間のタイムトリップを味わえる。

 ▽十八楼は岐阜県岐阜市湊町10。TEL058(265)1551。http://www.18rou.com/


旧家の蔵を再利用した「蔵の湯」


関連キーワード

関連する記事

99%以上のウィルスが減少 ライオンのグループ会社であるライオンハイジーンは旅館・ホテルに向けて、除菌と消臭が同時に行える「業務用トップHYGIA(ハイジア)衣類・布製品…

続きを読む

家具・インテリア製造小売り最大手のニトリは1日、北海道小樽市の運河地区に「小樽芸術村」をグランドオープンした。昨年先行オープンした「ステンドグラス美術館」「アール・ヌーヴ…

続きを読む

スタイリッシュなデザイン 鹿児島県霧島温泉の霧島国際ホテル(179室)は温泉自慢の宿。豊富な湯量が特徴の「大浴場大浪(おおなみ)」は一度に150人が入浴できる。白濁と透明…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?