【いらっしゃいませ!】隠岐プラザホテル(島根県・隠岐の島町)横地廉平さん

  • 2017年3月31日

近海の幸にこだわり

第900回よその旅館ホテル

──おいしい海の幸にこだわっていますね

「隠岐の島近海の幸にこだわりを持っています。お造りをメインとして、焼き物、煮物、炊き合わせ、郷土料理を提供しています。春は岩ガキが旬となり、隠岐の名物としてお出ししています」

──宿からの眺望がおすすめとのことですが。

「全室が港に面しており、船でにぎわう港の風景や島の営みを窓越しに堪能できます」

──ほかにセールスポイントは。

「眺望に加えて、接客が売りです。家に帰ってきていただいたような接客や島のざっくばらんな感じのおもてなしから島の旅情を感じてもらいたいです。浴室の大浴場の一つの浴槽には隠岐ジオパークの象徴である隠岐片麻岩を敷き詰めてあり、太古の質感を感じることができます」

──集客は。

「電話予約が一番多いです。次いでOTAなどインターネット関連やホームページです。個人予約の約半数については、旅行会社からのお申し込みです」

──2〜3年前と比べて。

「宿泊者数は横ばいが続いています。世界ジオパークの認定から若い人や欧米の外国人も増えてきています」

──経営の課題や改善点は。

「一番の課題は、人手不足です。解消するために早急な雇用の確保が必要となっています。明るく元気で想像力のある若い人を求めています。今いる人だけでは新しいアイデアは生まれません。新しい力も加えて盛り上げていきたい。ほかには、老朽化した施設を再生させていきたいです」

──料金は。

「平日利用、1泊2食で大人1人1万4千円からです」

【35室、定員200人】

17_03_25

関連する記事

日本市場での取り組み ファッショナブルな国認知度を上げる努力を 2012年から北アジア地区(日本、中国、韓国)のリージョナルディレクターとして、同地区のブッキングドット…

続きを読む

避暑地で多くの体験 第903回よその旅館ホテル ──宿泊施設やスポーツができる多目的広場、体験工房などを備えた複合施設です。 「標高600メートルの涼しい避暑地です。敷地は…

続きを読む

心と体の再生復活 第902回よその旅館ホテル ──宿の特徴は。 「鞆の浦・仙酔島にあり、『心と体の再生復活』『自分を見つめ直したい』『人生感を変えたい』というお客さまに多く…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?