【いらっしゃいませ!】灯屋 迎帆楼(愛知県・犬山温泉)島田知幸さん

  • 2017年11月13日

 

全館改装で10室限定に

第930回よその旅館ホテル

 ──改装オープンしたそうですね。

 「『迎帆楼』を全館改築し、新たに『灯屋 迎帆楼』として今年7月にオープンしました。客室数を57室から10室に減らし、一人一人のお客さまに向き合えるようにしました」

 ──リニューアルのコンセプトは。

 「創業が大正8年で、当初は木曽川を行き交う帆掛け船の旅人をもてなす料理旅館でした。往時の雰囲気をイメージし、灯をともしてお客さまを暖かくお迎えし、犬山の町を明るく照らしたい、そんな思いを『灯屋』に込めて、おもてなしを新たにしました」

 ──客室は。

 「全室が半露天風呂・展望テラス付きのスイートルームでモダンな和洋室です。当館は国宝『犬山城』城内の旧馬場に位置し、鵜飼で有名な木曽川に臨む立地ですので、すべてのお部屋から城、川の景観が楽しめます」

 ──温泉は。

 「犬山城の別名『白帝城』にちなんで名付けられた『白帝の湯』です。プライベートな空間として客室の半露天風呂と、貸切風呂『ひすずし(灯涼し)』でご入浴いただけます」

 ──料理はどんなものを。

 「地元の食材はもちろん全国の旬の食材を厳選して毎月メニューを替えて提供しています。夕食は会席料理です。夕・朝食ともに半個室の御食事処『色葉繧繝(いろはうげん)』でお出しします」

 ──外観、館内は。

 「和のたたずまいを演出した外観で、館内のラウンジスペースには京都の老舗が手掛けた提灯をともし、食・アート関連の書籍などをご用意しています。スーベニアスペースでは尾張・美濃地方の工芸作家の作品などをとりそろえています」

【1泊2食付き3万7千円から(税別)】

https://www.geihanro.co.jp/

 

 

関連する記事

観光客数・消費額の把握をデータの活用で解を導く ──ビッグデータをいかに捉えるべきか。 「私は土木工学の出身で、人のパターンを分析して、どこにどんな交通インフラが必要…

続きを読む

名物「投汁そば」を提供 第929回よその旅館ホテル ──宿の自慢は。 「奈川の名物料理『投汁(とうじ)そば』です。そば自体は奈川でとれたそばなのですが、食べ方が変わってい…

続きを読む

安すぎる値段設定の改善地域に稼がせる役割担う ──豊の国千年ロマン観光圏の立ち上げの背景は。 「大分県では北部地域、県南地域、西部地域などのエリアごとに観光振興を図る…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?