【いらっしゃいませ!】旅の宿 初の湯(長野県・渋温泉)小野澤祐子さん

  • 2017年4月25日

親しみやすい接客

第904回よその旅館ホテル

 ──渋温泉の魅力は何でしょうか。

「泉質や効能が異なる九つの外湯(共同浴場)があり、渋温泉に宿泊されたお客さまは九湯巡りが楽しめます。実際にお客さまも湯めぐりを目的に来られる方が大半です」

 ──貴館には総ヒノキ風呂と御影石風呂、二つのお風呂が備わっていますね。

「間帯で男女を入れ替えています。いずれも源泉かけ流しです。大きなヒノキ風呂でゆったりできるとお客さまに喜ばれています」

 ──料理の特徴は。

「四季折々の野菜や山菜、川魚など地元食材を生かし、社長が料理長を兼ね、腕を振るっています。今の時期は、紅マスのたたきや、タラの芽、こしあぶらの天ぷらなどの品々です。紅マスのたたきは、おろしショウガをあえていることもあり、くせがなく、お客さまから『こんなにおいしく川魚が食べられるとは思わなかった』とよく言われます」

 ──接客面でのモットーがあったら、教えてください。

「私は以前、ディズニーランドに務めており、そこで培われた、親しみやすい接客を心掛けています。今でもリピーターのお客さまは多いのですが、今後も『また来たい』と思っていただけるような接客に努めてまいります。外国人のお客さまが増えてきたので、英語検定を受けるなど英語の勉強にも励んでおります」

 ──外国人客の目的は何ですか。

「お客さまの9割方は、世界で唯一の『温泉に入るサル』を見るために地獄谷野猿公苑へ行きます。ここ数カ月、特にオランダからのお客さまが多く、団体ツアーの予約が毎週1本入っています」

【10室。平日1泊2食付き1万円(税別)から】

関連する記事

地産地消の味の宿 第931回よその旅館ホテル ──宿の一番の売りは。 「地産地消の会席料理です。地元・近江で取れた旬の食材にこだわっています。琵琶湖特産のセタシジミを使…

続きを読む

観光客数・消費額の把握をデータの活用で解を導く ──ビッグデータをいかに捉えるべきか。 「私は土木工学の出身で、人のパターンを分析して、どこにどんな交通インフラが必要…

続きを読む

全館改装で10室限定に 第930回よその旅館ホテル ──改装オープンしたそうですね。 「『迎帆楼』を全館改築し、新たに『灯屋迎帆楼』として今年7月にオープンしました…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?