【いらっしゃいませ!】光緑園西清(奈良県・洞川温泉)西村佳門さん

  • 2017年8月25日

大峰山麓の自然を愛でる

第919回よその旅館ホテル

 ──古くからあるお宿だそうですね。

 「創業300年ほど、私で9代目になります。この辺りの旅館は古くから大峰山で修行する行者や参拝客を迎え入れてきました。当館も長い間、参拝客を中心に利用していただいてきました」

 ──最近の客層は。

 「大峰山の参拝客は減ってきていますが、観光客は増えています。関西最大の鍾乳洞である『面不動鍾乳洞』や絶景が楽しめるつり橋『かりがね橋』、洞川温泉の湯などを目当てに、若いカップルからシニア、ファミリーなど幅広くお越しいただいています」

 ──宿の売りは。

 「まずは庭園でしょうか。数寄屋風の木造の館には前庭と中庭の二つの庭園があり、大峰山麓の雄大な自然という借景と共に、四季折々の花や紅葉などを愛でていただけます」

 「料理も自慢の一つです。土地のものを使った会席料理になります。洞川温泉の近くには大峰山系に由来する名水『ごろごろ水』があります。このごろごろ水を使った、のど越しの良いとうふ『名水とうふ』は朝食の湯豆腐などで楽しんでいただいています。地元産のアマゴやマスは、鮮度を生かしてお刺身でお出ししています。冬には大峰山で取れたイノシシを使ったぼたん鍋も召し上がっていただけます」

 ──経営の課題は。

 「人材の確保などいろいろとありますが、設備の維持でしょうか。木造の建物なので傷みやすく、補修、改修は付き物。とはいえ資金面を考えると、思うようにできないのが悩ましいところです」

 「昨年、館内で開催したジャズコンサートが好評で、今年も秋に行う予定です。こういった新しい取り組みもしていきたいですね」

【11室、1泊2食1万5千円から】

http://www.kohryokuen.com/

関連する記事

地産地消の味の宿 第931回よその旅館ホテル ──宿の一番の売りは。 「地産地消の会席料理です。地元・近江で取れた旬の食材にこだわっています。琵琶湖特産のセタシジミを使…

続きを読む

観光客数・消費額の把握をデータの活用で解を導く ──ビッグデータをいかに捉えるべきか。 「私は土木工学の出身で、人のパターンを分析して、どこにどんな交通インフラが必要…

続きを読む

全館改装で10室限定に 第930回よその旅館ホテル ──改装オープンしたそうですね。 「『迎帆楼』を全館改築し、新たに『灯屋迎帆楼』として今年7月にオープンしました…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?